つみたてNISAの運用成果をブログで発表:令和元年12月時点

副業

2019年(令和元年)12月時点の運用成果を発表したいと思います。

2018年1月より運用開始したつみたてNISA。

つみたてNISAって何?つみたてNISAって儲かる?と考えている人の参考に少しでもなればよいなと思います。

 

⇩つみたてNISAがよく分からいという方はまずこちらからご覧ください。

つみたてNISAが初心者に適している7つの理由。初めての資産運用を始めてみよう!
つみたてNISA(積立NISA)は投資初心者に最も適した資産運用の1つといえます。私自身も2018年1月より運用開始しており、そこそこの成果が出始めています。素人でも利益が出せるつみたてNISA。投資初心者に適した7つの理由を解説します。

 

⇩つみたてNISAの運用成果:2019年11月

つみたてNISAの運用成果をブログで公開:2019年11月現在
2018年1月より、つみたてNISA(積立ニーサ)で資産運用を開始しています。そこそこプラスに振れているので、2019年10月末時点における運用成果を報告します。つみたてNISAでの運用を考えている方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

令和元年12月の運用成果

まず最初に公開しちゃいましょう!

令和元年12月の運用成果はこちらです。

11月上旬時点では総額790,167円(運用益57,127円)でした。

前月比で考えると、積立総額+45,866円(運用益+12,546円)となりました。

日経平均も11月26日に最高値を更新し、運用益もプラスが拡大しました。

選択しているポートフォリオ

私のポートフォリオはこちらです。

インデックス投信中心に分散させています。

限度額の40万円ギリギリまで設定しています。

選択しているポートフォリオ
  • ひふみプラス 毎月8,330円
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド 毎月8,330円
  • 楽天•全米株式インデックスファンド 毎月8,330円 
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 毎月8,330円
  • 計33,320年間399,840円

各ファンドの運用状況

ひふみプラス

唯一のアクティブファンドひふみプラス。

日本の低位・中位株の先見性には定評があります。

運用益は前月比+3,861円と持ち直しきました。

日本株が不調だった去年からやっとプラスです。

伸びているときは強いひふみですので、12月も期待できそうです。

ニッセイ外国株式インデックスファンド

ニッセイ外国株式は引き続き好調です。

運用益は前月比+3,349円となっています。

信託手数料が0.10989%と安いのがうれしいです。

楽天•全米株式インデックスファンド

楽天・前米株式インデックスファンドは、現在好調なアメリカ株ですので1番成果を出しています。

運用益は前月比+4,810円となっています。

信託手数料も割安ですよ。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

eMAXIS SLim バランス(8資産均等型)

すでにこの商品で分散投資を行っている低リスク商品です。

運用益+516円と上げ幅は小さいですが、毎月堅実に推移しています。

最後に

つみたてNISAは堅調に数字を伸ばしてきました。

どんどん溜まっていく、運用益が増えているのを見るだけでもうれしいものです。

中長期的な運用であればiDeCoかつみたてNISAどちらかしておくとよいかもしれません。

引き続き運用状況は確認していきたいと思います。

つみたてNISAがよく分からないという方はこちらをご覧ください!

つみたてNISAが初心者に適している7つの理由。初めての資産運用を始めてみよう!
つみたてNISA(積立NISA)は投資初心者に最も適した資産運用の1つといえます。私自身も2018年1月より運用開始しており、そこそこの成果が出始めています。素人でも利益が出せるつみたてNISA。投資初心者に適した7つの理由を解説します。

⇩iDeCoがよく分からないという方はこちらをご覧ください!

iDeCo(イデコ)をサラリーマンや投資初心者が始めるべき理由
老後には2,000万円は必要である」と金融庁の報告を受け、老後に不安を覚えている人も少なくないはずです。高齢化が進み年金も退職金もきちんともらえるか分からない時代です。iDeCo(イデコ)で自分を守る資産形成をおすすめしたいと思います。