iDeCo(イデコ)の運用成果をブログで発表!令和元年12月時点

副業

2019年12月時点のiDeCo運用状況を当ブログで報告します。

2018年9月から運用を開始しており、まずまず堅調に推移しています。

iDeCoってどうかな?iDeCoは大丈夫かな?と考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

iDeCoのことがよく分からないという方はまずこちらをご覧ください。

iDeCo(イデコ)をサラリーマンや投資初心者が始めるべき理由
老後には2,000万円は必要である」と金融庁の報告を受け、老後に不安を覚えている人も少なくないはずです。高齢化が進み年金も退職金もきちんともらえるか分からない時代です。iDeCo(イデコ)で自分を守る資産形成をおすすめしたいと思います。
スポンサーリンク

iDeCoの運用成果:令和元年12月

まずは令和元年12月時点の運用成果はこちらです。

運用利回り10.85%はなかなよい感じです。

+24,036円は複利の力ですね。

ある程度分散させているのですが、国内株式と外国株式多めで少し攻めのポートフォリオです。

日経平均が11月26日時点で今年の最高値がついていましたので伸びています。

設定しているポートフォリオ

実際のポートフォリオをご紹介しましょう。

配分などに根拠はあまりありません。

インデックス投信中心につみたてNISAと違う商品構成にしています。

インデックス投信は信託手数料が割安なのがうれしいですね。

 

投資信託が分からないという方はこちらをご覧ください。

投資信託がサラリーマン向けな理由!プロに任せて安心の資産運用
副業や資産運用をしたいけれど、忙しくてなかなかできないサラリーマンには、投資信託がおすすめです。投資信託はプロに任せるので、知識があまりない人でも安心して始めることができます。投資信託の仕組みや運用の仕方をご紹介します。

三井住友・DCつみたてNISA日本株インデックスファンド

三井住友・DCつみたてNISA日本株インデックスファンドはその名の通り日本株のインデックス。

信託報酬も安く、そこそこ手堅い商品かなと考えてます。

2018年からずっと低調でしたが、持ち直してプラスとなりました。

たわらノーロード 日経225

たわらノーロード日経225も日本株インデックス。

主要な日経225に連動した運用なので、これも手堅い商品だと思います。

運用益9.5%と今年度プラスで伸びてきています。

たわらノーロード 先進国株式

たわらノーロード先進国株式は、先進国のインデックスファンド

先進国は少し攻めですが、インデックスファンドなのでそこまで大崩れはしないと思います。

堅調にプラス維持してます。

三井住友・DCリートインデックスファンド

三井住友・DCリートインデックスファンドは不動産投資信託のインデックスです。

株式よりも波が少なく堅調に推移している印象です。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、世界の株式と債券に分散投資するファンドです。

インデックスファンドを通して、この商品だけで分散投資しているので低リスクな商品だと思います。

年間の積立額

月々の積立額設定は23,000円。

年間276,000円の約22年間の設定です。

この上限金額は年収や自営業かサラリーマンかなどにより異なります。

私自身は限度額一杯の設定にしています。

計算してみると普通に貯金しても22年で6,072,000円超貯まります。

年利3.0%で運用した場合で考えてみましょう。

複利の力が働き総額8,585,435円(運用益+2,513,435円)となります。

⇩こちらで簡単にシミュレーションできます。

シミュレーション|個人型確定拠出年金(iDeCo)|楽天証券

税控除によるメリット

iDeCoに加入すると掛け金が給与から天引きして計算されるように、所得税と住民税の税控除を受けることができます。

ちなみに毎月23,000円、年間276,000の積立て設定している私で考えると

トータル22年で約1,900,000円の節税効果があります。

これがiDeCo最大のメリットであるといえます。

⇩こちらで簡単にシミュレーションできます。

イデコ公式サイト 簡単シミュレーション

iDeCoの注意点

iDeCoは良いことづくめのように思えますが、60歳までお金を引き出すことができません。

この点には注意が必要です。

どもの進学やマイホームの資金など、現金が必要になる場面がくるかもしれません。

積立額や始めるタイミングはよく検討してみてくださいね。

最後に

令和元年12月上旬時点の運用成果でした。

iDeCoを始めてみたいけど不安。

どれくらい利益がでるの?損はしない?と迷われている方の参考に少しでもなれば幸いです。

引き続き経過は報告していきたいと思います。