コツコツ投資した運用成果をブログで公開!(2020年総括)

副業

コツコツ投資した運用成果をブログで記録しておこうと思います。

株式投資・投資信託・つみたてNISA・iDeCoとコツコツ投資しています。

2020年はコロナショックあり、バブル期以来の高値ありといろいろありました。

その中でもコツコツ投資してきたので運用成果を公開します。

スポンサーリンク

コツコツ投資をした運用成果をブログで公開

コツコツ投資するといっても何に投資していたかを紹介します。

  • つみたてNISA
  • iDeCo
  • ポイント投信
  • 株式

2020年私が投資していたのはこれらの商品です。

つみたNISA

つみたてNISAは年間40万円を20年間非課税で運用できます。

⇩つみたてNISAの詳しい仕組みはこちらをご覧ください。

つみたてNISAが初心者に適している7つの理由。初めての資産運用を始めてみよう!
つみたてNISA(積立NISA)は投資初心者に最も適した資産運用の1つといえます。私自身も2018年1月より運用開始しており、そこそこの成果が出始めています。素人でも利益が出せるつみたてNISA。投資初心者に適した7つの理由を解説します。

早速運用成果を見てみましょう。

2018年1月~2020年12月の運用となります。

コツコツ毎月33.320円を投資しています。

 

運用成果+245.606円

 

一時期コロナショックではマイナスに転じたのですが、大きく持ち直しましたね。

⇩コロナショック時の成果はこちら

つみたてNISA下落(新型コロナショック)でどうする?【基準価額下落のお知らせ】
つみたてNISAは長期的な運用が魅力の資産運用ですが、「基準価額下落のお知らせ」の通知に不安になってしまったという方も少なくないでしょう。新型コロナウィルスの影響で世界的な株価下落が起こってきています。大きく下落したつみたてNISAですが、このまま継続すべきなのか考えてみましょう。

 

つみたてNISAは国お墨付きの非課税制度です。

一度設定したらほったらかしでよいので使わない手はないですね。

iDeCo

iDeCoも国お墨付きの非課税制度です。

⇩iDeCoの詳しい仕組みはこちらをご覧ください。

iDeCo(イデコ)をサラリーマンや投資初心者が始めるべき理由
老後には2,000万円は必要である」と金融庁の報告を受け、老後に不安を覚えている人も少なくないはずです。高齢化が進み年金も退職金もきちんともらえるか分からない時代です。iDeCo(イデコ)で自分を守る資産形成をおすすめしたいと思います。

 

それでは運用成果を確認してみましょう。

iDecoもコロナショック時はマイナスに転じましたが、大きく持ち直しましたね。

運用益+94,596円です。

ただ、iDeCoは60歳まで引き出せないのでこのまま積み立てていくのみです。

 

毎月23,000円積み立てていますが、その投資分は給料から天引きされ非課税になっています。

 

年間8万円前後の節税になるのでそれだけでも大きいのですが、さらに運用益も発生でサラリーマンには最もおすすめといえるかもしれません。

>>iDeCo(イデコ)口座を開設するならどこがよい?おすすめ証券口座3つ 

ポイント投信

ポイント投信は楽天ポイントをすべて投資信託にまわしています。

⇩ポイント投信の詳しい仕組みはこちらをご覧ください。

楽天証券のポイント投信は超お得!100円から資産運用してみよう
楽天ポイントはショッピングや色々な場面で使える貯まる、嬉しいポイント制度ですよね。令和元年12月時点で貯まった楽天ポイントは投資信託や株式投資で運用できます。楽天ポイントは投信を通すことで現金化できますので便利ですよ。

 

運用成果を確認してみましょう。

国内の不動産投資信託に投資しています。

運用益+2,456円です。

やっとプラスになった感じですね。

1年間マイナスとなっていました。

 

すべての支払いを楽天カードにまとめて、貯まったポイントをすべて投信にまわしています。

月に1,500ポイント~5,000ポイント程度を投信でコツコツ運用してここまで貯まりました。

 

楽天カード はポイント還元率が1.0%で、楽天ペイやその他のサービスでもポイントアップするのでうれしいですね。

 

>>楽天カード公式サイトを見てみる

 

株式

株式投資は2年前に大損してからやめていたのですが、ネオモバのミニ株投資で少しだけ運用しています。

⇩ネオモバのミニ株投資についてはこちらをご覧ください。

ネオモバで株を買ってみた実際の口コミ情報!良い点悪い点を本音公開
ネオモバ(SBIネオモバイル証券)で株を実際に売買してみた口コミ情報をお届けします。ネオモバはTポイントを使って一株から投資ができるとして人気のネット証券ですが、実際に取引してみると意外と投資中級者向きでした。ネオモバの良い点と悪い点の本音口コミレビューです。

 

運用成果も確認してみましょう。

わかりにくいですが、元金は100,000円ですので運用益+2,767円円で含み損が-143円です。

他にも株主優待で上新電気のクーポン2,000円分をゲットしたりしてます。

 

ネオモバのミニ株投資では小学生の子供と銘柄を選び、お遊びがてら投資の勉強をしています。

>>子どもに投資の勉強をさせたい!親子で株式投資を始めるとどうなるか検証します

 

2021年に行う投資予定

2021年も投資は行っていく予定です。

何を行っていくか予定を考えておこうと思います。

コツコツ積立投資は継続

つみたてNISA・iDeCo・ポイント投信などの積立投資は、相場がよかろうと悪かろうと継続します。

よいときには利益が出て嬉しい、悪いときには安く買えて嬉しい。

 

無条件に積み立てるのは精神的に気楽でいいものです。

運用成果についてはブログで定期的に公開しようと思います。

ミニ株で子どもと投資を積極的に

ミニ株での投資も子供と一緒に積極的に行っていきます。

ネオモバならTポイントで投資もできますし、少額で済むのでマイナスが発生しても痛手は小さく済みます。

 

株式投資は元手が必要なうえリスクも大きいのですが、元手が小さいミニ株ならその点安心です。

売買益を中心とした短中期トレードをミニ株ではしていこうと思います。

 

⇩子どもと投資を始めたときのブログ記事も合わせてご覧下さい。

>>子どもに投資の勉強をさせたい!親子で株式投資を始めるとどうなるか検証します 

 

ひとかぶIPO

ネオモバなら1株からIPO投資をすることができます。(ひとかぶIPO)

IPOとは新規上場株式のことです。

 

新規上場のタイミングは高値がつきやすいので、上場前に株式を取得する投資手法です。

ネオモバでは抽選となりますが1株からIPOにチャレンジできます。

 

2020年はすべて抽選にはずれましたが、2021年もすべて申し込んでいこうと思います。

コツコツ投資をした運用成果をブログで公開 まとめ

2020年はコツコツと積立系の投資を中心に資産運用できました。

含み益ベースですがトータル+345,425円となりました。

また2021年もコツコツ投資して、ブログで嬉しい報告ができるよう続けていきます。