営業のステップアップってどんな道がある?今後のキャリアパスを考える

営業

営業としてある程度仕事ができるようになったときに、ここからのどこに向かえばいいだろう?

ステップアップしていく上で考える時期がきます。

営業のステップアップにはどんな道があるのでしょうか?

今後のキャリアパスに悩んだときに是非読んでみてください。

スポンサーリンク

営業のステップアップってどんな道がある?

営業のステップアップにはどんな道があるのでしょうか?

大きく分けて道は4つです。

  • 1.営業管理職
  • 2.拠点長
  • 3.ステップアップ転職
  • 4.独立・起業

個人数字を追い続ける営業プレイヤーからのステップアップについて考えてみましょう。

営業管理職

営業に特化した営業管理職が一番メインのステップアップですね。

次長・部長などの役職が目安となります。

 

営業管理職は営業マネジメントが求められます。

個人数字ではなく組織の数字が評価となるので、どれだけ自分自身が数字を獲得してきても評価されません。

 

営業のキャリアも生きますし、営業マンとして行っている仕事の延長線上の仕事です。

営業マンが一番に目指すべき道といえます。

拠点長

営業所長や支店長といった全セクションを統括するようなステップアップも選択肢です。

総合的な能力や調整力が必要となりますが、営業畑の拠点長は多いですね。

 

拠点長のキャリアは経営者となっていくために必要なステップにもなりえます。

特化したキャリアパスではなく、総合的なマネジメントをおこなっていく道といえるでしょう。

 

営業の役職を経てという所もありますが、すべてを統括する意味においては営業の知識だけではなく、幅広い知見が必要になります。

ステップアップ転職

同じ職種や同じ業種でより待遇がよい転職をしていくのもステップアップですね。

より待遇がよい会社へ転職したほうがステップアップとなります。

 

規模の大きな会社に行けば、もっと大きな仕事ができる可能性も広がります。

転職がベーシックとなっている時代です。

よりよい環境を探していくのも営業のステップアップのひとつといえるでしょう。

独立・起業

独立・起業することもステップアップのひとつですね。

本業のノウハウを生かした独立・起業や、副業で成果を挙げたから起業するのもアリです。

 

営業職はつぶしが効きやすい職種ですし、サラリーマンだからこそチャレンジできることもあります。

独立・起業というステップアップのために、営業として働きながら道を模索してみるのもよいでしょう。

営業のステップアップへの最短ルート

営業のステップアップを勝ち取るためには、どんなルートをたどるのが最短ルートといえるでしょうか?

目指す道ごとに最短ルートを考えていきます。

営業管理職を目指すなら

営業の管理職を目指すのならば、営業のスペシャリストとなることが先決です。

まずは誰よりも数字にこだわり、受注を獲得してくるようにしましょう。

 

そして次に、マネジメントスキルを身に付けるのがポイントです。

新人教育などの役割は率先して行いましょう。

 

自分の数字を追い求めることと教育は相反しますが、両立できる人から次のステップに進んでいきます。

役割が与えられたからやるのではなく、すでにその役割を果たしている人がその役職になります。

拠点長を目指すなら

拠点長の道を目指すのであれば、総合的な知識や経験が必要になります。

営業職だけではなく、技術職や事務職の仕事内容や気持ちまでも理解しないとなかなか務まりません。

 

一番よいのは異動して他セクションの仕事を覚えていくことです。

ジョブ型雇用ではなく、古くからの日本の働き方のように色々な経験を積んだ人の総合力が強みになります。

  

拠点長を経由してさらに上を目指すためには、ゼネラリストとしての力が必要になります。

転職するなら

転職でステップアップ転職を目指すのであれば、ステップアップをメインにした転職サービスを利用することが最適です。

>>ビズリーチ公式

 

ハイクラス転職に特化したビズリーチなど、ステップアップを考える営業マンに向けたサービスです。

キャリアに自信があるならば、キャリアシートへの登録で高待遇のスカウトが来る可能性もあります。

 

転職でステップアップを目指すのであれば、普通の転職サービスではなく、まずはハイクラス求人の転職サービスから検討しましょう。

 

⇩ ビズリーチに登録してみました。

ビズリーチに登録してみた!無料会員でできることと登録手順
ハイクラス転職サービス「ビズリーチ」高待遇のスカウトがきたら転職も考えてみたい!という方は無料会員に登録だけでもしておきましょう。ビズリーチは無料会員でもチャンスがあります。実際にと無料会員登録してみたので登録手順もご紹介します。

独立・起業するなら

独立・起業にはやはりリスクがあります。

ステップアップどころか不安な部分も否めません。

 

そこで、サラリーマンとして本気で目指すのであれば、働きながら副業や起業の準備を進めましょう。

サラリーマンとして働いている基盤があるからこそチャレンジできます。

 

働きながら成功できているなら、実際に独立・起業しても大丈夫なはずです。

自分が本気でできるかどうかも試せますよ。

営業のステップアップってどんな道がある?まとめ

営業のステップアップは大きく分けて4つの道があります。

  • 1.営業管理職
  • 2.拠点長
  • 3.ステップアップ転職
  • 4.独立・起業

どこを目指すかを絞って、努力をしたほうが理想には近づくことができるはずです。

漠然と今の仕事と向き合うのではなく、1年後、3年後、5年後と未来をイメージしながら選択するとよいでしょう。

営業としてのステップアップがうまくいくことを願っています。