建設業界

建設業界

現場代理人・主任技術者・監理技術者の違いとは。実際どちらが偉いの?

現場代理人と主任技術者と監理技術者。それぞれ工事現場で配置されている責任者ですね。名刺交換して挨拶をしたときにどちらが本当の決裁者で、どちらが偉いのか迷うときがありませんか?そこで、現場代理人と主任技術者と監理技術者の違いについて解説したいと思います。
建設業界

随契(随意契約)とは?官公庁営業が絶対に知っておくべき随契の仕組み

随契(ずいけい)とは随意契約(ずいいけいやく)の略語です。官公庁営業をしていると「随契」という言葉が自然と飛び交います。そこで、随契の意味とメリット、そして随契を獲得する方法について解説します。随契は官公庁営業が絶対に知っておくべき仕組みですので理解しておきましょう。
建設業界

一般競争入札を落札するためのコツとは?【官公庁営業担当者必見】

一般競争入札は他の入札制度に比べ参加できる競合も多く、金額が読みにくい入札であるといえます。それでも、一般競争入札は指名獲得にも繋がるチャンスですのでどうにか落札したいですよね。そこで一般競争入札を落札するためのコツをご紹介します。
建設業界

土木と建築の違い。ゼネコンへの営業マンが見る土木と建築の裏側

土木と建築。どう違うか説明できますか?土木と建築の意味の違いから、ゼネコンへの営業マンの目線で土木と建築の裏側を解説します。同じ工事会社と一括りにしてはいけません。実は土木と建築は営業する立場で見ると大きく違います。詳しく確認していきましょう。
建設業界

談合とは?入札談合の仕組みをわかりやすく解説!絶対にやってはいけません

「談合」とはどういう意味かわかりますか?悪いことだとはなんとなくわかるかもしれませんが、詳しくわからない方も多いはずです。そこで談合とは何か?談合はどのように行われるのかをわかりやすく解説します。でも絶対にやってはいけませんよ。
建設業界

入札の仕組みをわかりやすく解説。基本となる3つの入札制度とは?

「入札」の仕組みって複雑ですよね。なかなか実務を担当しないと理解できないかもしれません。そこで入札の仕組みを簡単にわかりやすく解説します。まずは基本となる3つの入札・契約制度(一般競争入札・指名競争入札・随意契約)について理解しましょう。
建設業界

官積(官積算)とは?建設業界で使われる「官積」の正しい意味と作り方

官積(かんせき)見積作ってもらえる?官公庁が関わる建設業界において、官積(官積算)という言葉は常識のように飛び交います。顧客から上司から指示されてキョトンではまずいですよね。そこで官積の正しい意味と作り方を簡単に分かりやすく解説します。
建設業界

建通新聞ってどう?実際使ってみた感想、評判、口コミ【入札情報サービス】

首都圏における建設業に関わる会社は入札情報が営業ツールとして使われています。特に、入札結果はライバル会社の動向や営業戦略上重要な情報です。その入札結果を得るのに「建通新聞」は、最も効率的に情報収集できるツールの1つです。そこで、建通新聞の感想、評判、口コミをご紹介します。
建設業界

建設業界における出来高請求の仕組みを解説!出来高調書のサンプル様式付き

建設業界では「出来高請求」という慣習が続いています。毎月顧客の締め日に合わせて、1か月稼働分の請求を計上する仕組みです。稼働した月ごとに計上する出来高請求ですが、数字がわからなくなり時間がかかりがちです。そこで、出来高調書のサンプル様式と作り方を紹介します。
建設業界

入札結果の調べ方。無料媒体でできることと有料媒体でできること

入札結果ってどうやって調べてますか?官公庁の委託業務や公共工事に関連している会社の営業マンにとって入札結果は重要な営業ツールとなります。しかし、調べたい件名や会社でなかなか情報が見つからないということもあるはず。そこで入札結果の上手な調べ方を無料媒体と有料媒体に分けてご紹介します。
スポンサーリンク