営業の昼休み、みんなは何してる?良い使い方と悪い使い方

営業

日中は外回りで移動の多い営業職。

昼休みの一時間はどこで食べて、空き時間をどのように過ごしていますか?

昼休みの時間には良い使い方と悪い使い方があります。

営業の昼休みの時間の使い方について検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

営業の昼休みの良い使い方

営業の昼休みの使い方でデキる営業かどうかが分かります。

時間管理術が顕著に出るのが昼休みの使い方なのです。

サクッと食べて移動に充てる

移動時間の多い営業職です。

電車やバスなどに乗っている時間は、顧客との面会の為に必要ではありますが、移動の時間も1日の中で有効に使いたいところです。

 

昼の12時〜13時の間は基本的には顧客も昼休みの時間になりますので、面会のアポイントは取れません。

そのため、この時間を昼食と移動に充てると有効に時間が使えます。

 

13時から顧客とのアポとして、ファストフードなどで15分くらいで食事を終わらせれば、45分移動に充てられます。

昼の時間はどうせ顧客とのアポイントを取れないのですから、長い移動になるべく充てましょう。

客先の最寄駅でゆっくり昼食

電車やバスなど交通機関での移動も、急な事故や遅延が発生する可能性があります。

どんな事情であっても、営業は遅刻しないようにしなければなりません。

 

こちらが営業をしている立場ですから、電車遅延を事前に連絡していても印象が悪くなることがあります。

時間に余裕を持って、客先の最寄駅で昼食となるようスケジューリングするとよいでしょう。

移動先で美味しいランチ

食べることが好きな営業マンなら、美味しいランチというのも楽しみの一つとなるかもしれません。

営業は客先によって色々な場所に行きます。

 

そのため、昼時にいる場所で話題のお店や美味しいお店を探してランチというのもよいでしょう。

昼休みにいる場所付近でラーメン屋の口コミを調べて、美味しそうなお店に行くのが趣味という営業マンも少なくありません。

 

美味しいからといって食べすぎ、太り過ぎには注意しましょう。

また、昼時は行列となることがありますので、時間に余裕をもって行動してくださいね。

営業の昼休みの悪い使い方

営業の昼休みの使い方で悪い使い方もあります。

もし、古休みをこんな使い方をしている営業の方がいたら、修正してくださいね。

時間が空く場合、長時間の昼休憩にする

うまくスケジュールが組めないからといって、長時間の昼休憩では生産的とはいえません。

仮にアポイントが11時で終わり、次のアポイントが14時だったとします。

 

時間が中途半端だからといって、3時間何もしないで休憩するような時間の使い方をしていては数字が上がりません。

スキマ時間でもできる営業
  • 飛び込み営業をかける
  • 既存顧客に定期訪問する
  • 電話営業をかける

など、外出先でも準備しておけばやれることはたくさんあります。

 

飛び込みや電話営業をできるように顧客リストや案件リストは常に持ち歩いておくと便利です。

昼前後は空き時間になりやすいのですが、生産的なスケジュールを組みましょう。

 

>>顧客リストはメリットだらけ。営業を効率化する顧客リストの活用術!

 

漫画喫茶やネットカフェ

漫画喫茶やネットカフェなどで、ゆっくり静かに休んでしまおうという行動はいけません。

仕事と全く関係のないサボり行動です。

  • 無駄な出費
  • サボり癖がつく
  • 誰かに見つかったら評価が下がる
  • 数字があがらない

など、無駄な時間の使い方はデメリットばかりです。

営業は自由であることが醍醐味ではありますが、極端なサボり行動はモチベーションを下げることにも繋がりますので気をつけましょう。

 

>>営業のサボり方教えます。ただ知った上でサボらないでください!

 

会社にずっといる

営業は人とあってなんぼの仕事です。

常に顧客とのアポイント調整をして、外交活動をすべきです。

特にコアタイムの昼前後はアポイントが取りやすい時間です。

その時間に顧客とのアポイントを入れず会社で事務仕事をしているのでは数字は上がりません。

自分の事務仕事が溜まっているとしても事務作業を優先してはいけません。

アポイントは常に取れるわけではありませんので、まずは顧客とのアポイントなどの外交活動を優先しくださいね。

営業の昼休みにおすすめのランチ

どんところでみんなはランチを食べているのでしょう?

実際に営業の昼休みにおすすめのランチをご紹介します。

エリアごとの美味しいラーメン

みんな大好き、美味しいラーメン

昼休み頃にいる駅付近で美味しいラーメン屋さんを検索して、口コミを調べてラーメン屋さんに行く営業はたくさんいるはずです。

 

色々な場所に行くので、新しいラーメン屋さんを開拓するのが楽しみになるかもしれません。

回転も早いので食べてすぐの移動ができるのも嬉しいですよね。

ファストフード

早い、うまい、安いと三拍子のファストフード

ハンバーガーショップ、牛丼チェーン、そば.うどんチェーン、とんかつ、中華など駅前にあるファストフード店は非常に便利です。

 

時間がないときでもサクッと食べれますし、どこにでもある、そしてお腹いっぱい食べれると営業の味方といえます。

 

営業はなかなか会社にいることが少ないので、自宅から弁当を持参することは向きません。

ランチ代も馬鹿にならないのです。

ファストフードは経済的にも営業にはありがたい存在です。

ゆっくりできるファミレスや喫茶店

昼休みは移動に充てたいと思っていても、どうしても空いてしまうことがあります。

1時間しっかり休むとすれば、食べ終わったら出ないといけないファストフードやラーメン店だと落ち着けません。

 

そんなときはファミレスや喫茶店が助かります。

食事をした後もゆっくりできますし、店舗によっては充電やWi-Fiが利用できるので、ノートPCやタブレットで事務作業を行うことも可能です。

時間が空いてしまったときにはファミレスはとても便利ですよ。

営業の昼休み まとめ

営業は昼休みの時間も有効に活用すべきです。

顧客との面会できない12時〜13時はなるべく移動の時間に充てましょう。

 

また、色々な場所に行く営業はその場所ごとの食事を楽しんでもよいでしょう。

好きなものを食べられる、それも一つの営業特権ですね。