営業職の中途採用で欲しい人材とは?採用担当者目線で考える。

営業

採用担当者目線で考えると、中途採用で欲しい人材とはどんな人材だと思いますか?

中途採用で優先的に採用されるような人材には共通点があります。

採用担当者として、優遇する人材のポイント・必須条件・消去法のポイントなどをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

営業職の中途採用で欲しい人材(優遇条件)

まずは、営業職の中途採用で欲しい人材のうち、優遇条件を示したいと思います。

営業職の中途採用における優遇条件
  • 同職種の経験者
  • 営業経験者
  • 有資格者
  • その他スキルがある
  • 年齢が若い
  • 現在も勤続中

中途採用において1番優遇されるのは、「即戦力」であることです。

なぜなら、その人材の経験によって数字が見込めることや、教育や育成に関わる時間と労力を大きく削減するすることができるからです。

 

これらの優遇条件は1つだけで判断するものではなく、多く兼ね備えているほど優遇されます。

では、それぞれのポイントを確認していきましょう。

同職種の経験者

中途採用でまず最初に欲しい人材は同職種の経験者です。

同職種の経験者は業界知識やノウハウなどに期待が持てます

なかなか経験しないと把握が難しいことも多いので、この経験の差は大きいですね。

 

そのため、同職種の経験者は即戦力への期待とともに、教育や育成への労力がかなり省ける期待が持てるといえるでしょう。

同職種の経験者は、即戦力となり得る人材なので優遇したいところです。

営業経験者

次に中途採用で欲しい人材は営業経験者です。

どの業界にいても営業経験者は強い経験値を持っています。

自社商品やサービスの知識はあとからついてきます。

 

営業ノウハウや基礎を作るのにも時間がかかりますので、教育や育成への労力が省ける期待が持てますので、優遇したいところです。

有資格者

自社商品やサービスに関連する資格を有しているのであれば、その知識に期待できそうです。

有資格者も中途採用で欲しい人材の1つです。

 

例えば不動産業界であれば、宅地建物取引主任者や建築士などの資格を保有している営業マンは優遇されます。

どのような資格であっても、資格取得には勉強の時間や努力がみえますので評価したいところです。

 

エリアによっては普通運転免許が必須となることも多い営業職です。移動効率や納品などのことを考えると普通運転免許は取得しておきたいところです。

⇩合わせて読みたい!営業の資格に関する記事

>>資格手当で収入アップ!資格取得は営業が一番最初にすべき副業だ!

 

その他スキルがある

何かスキルを持っている人材も中途採用で欲しい人材です。

資格や経験はないが、特別なスキルを何か持っているのであれば優遇されやすいといえます。

 

例えば英語が堪能である、PCに精通しているなど特化したスキルを持っていると、営業職に活かすことができるかもしれません。

何か1つでも特技があると強い武器となるはずです。

年齢が若い

中途採用では幅広い年齢層からの応募があります。

中途採用においては「年齢が若い」というだけで優遇されやすいといえるでしょう。

 

年齢が若いと知識や経験が浅くても、まだまだ長い目で教育・育成しようと企業も考えることができます。

 

年齢が若い場合は、即戦力ではなく中長期的な教育・育成を視野に採用を検討します。

教育や育成の労力をかけてでも、優先的に若い人材は確保していきたところです。

 

新卒採用がなかなかできない中小企業においては欲しい人材といえます。

現在も正社員として勤続中

現在も正社員として勤続中の人材は、まず会社を辞めてから転職活動をしない人材で先見性が読み取れます。

 

仕事を退職した状態から転職活動を行うのとでは信用度が全く違います。

 

先に退職してしまいますと、「前職が嫌だったんだな」という目が最初にきてしまうからです。

また、現職からのステップアップを中心としている方が多いので、期待できる人材が多いのが特徴です。

営業職の中途採用で欲しい人材(必須条件)

次に、営業職の中途採用で必須条件を確認していきましょう。

営業職の中途採用における必須条件
  • やる気がある
  • コミュニケーション能力がある
  • 長く続けられる
  • 給料や待遇面で折り合いがつく
  • 悪癖がない
  • 入社への意欲がある

これらの必須条件はすべて満たしていないと採用はできません。

優遇条件を満たしていても、どれか1つでも欠けているなら採用しません。

それぞれのポイントについても確認してみましょう。

やる気がある

中途採用で欲しい人材が見定めるのに、最初に見るのは「やる気」です。

営業職は自己管理ができる人材であることが必須条件になります

 

1人で単独行動する時間が長いので、自己管理にはやる気やモチベーションを持つことが大切なのです。

 

やる気については面接時の質問でつかみやすい部分であるといえます。

採用面接でやる気を見せられない人材は、営業の場においても表現ができません。

 

やる気やモチベーションを持っているかどうかは必須条件の1つといえるでしょう。

最低限のコミュニケーション能力がある

中途採用で欲しい人材はコミュニケーション能力がある人材です。

営業職は人と話すことが仕事ですので最低限のコミュニケーション能力は必須条件です。

コミュニケーション能力についても、面接において判断していきたい部分です。

 

質問に対して回答が的を得ていない、きちんと会話が成り立たないといったタイプは営業職では難しいかもしれません。

臨機応変な対応が求められる営業職です。

 

コミュニケーション能力は営業経験によって鍛えていくことも可能ですが、これまでの生活で培ってきたことがものをいうのです。

長く続けられる

中途採用は一度退職した人の採用窓口です。

企業からすると長く続けられる人材は必須条件。

すぐに辞めてしまいそうな人材を好んで採用する企業はありません。

 

過去の職務経歴を見て、頻繁に転職している人材は大きなマイナスポイントになるはずです。

また、健康状態の不安なども含め、長く続けられないと採用は難しくなるでしょう。

 

>>部下の退職って引き止めできるの?優秀な部下を引き止める交渉術

 

給与や待遇面で折り合いがつく

どんなに優秀な人材であったとしても、給与や待遇面で折り合いがつかなければ採用することはできません。

 

会社側にも予算がありますし、待遇面にも条件があります。

ステップアップを求めて転職活動をしている人材の場合、ある程度の希望賃金などもあるはずです。

採用したい人材すべてが採用できるわけはなく、給与や待遇面の折り合いも必須条件となるのです。

悪癖がない

営業経験者には悪癖を持っている可能性があります。

なまじ営業経験があると、凝り固まった考え方や間違った営業手法が身に付いており、修正が困難になってしまうのです。

 

修正困難な悪癖はたちが悪く、ゼロからの新人よりも教育や育成が大変になります。

面接において経験者の悪癖を見抜いた場合は、採用を見合わせた方がよいかもしれません。

入社への意欲がある

やる気やモチベーションとの関係と似ていますが、入社への意欲は確認が必要です。

最低限ホームーページの確認など企業研究をしているかなど、面接時の質問で入社意欲を読み解きましょう。

 

内定を出して採用活動をを得た後に内定辞退ということもありえます。

他企業との面接状況なども確認しておくことをおすすめします。

中途採用で欲しい人材 まとめ

中途採用で欲しい人材は新卒採用と異なります。

教育や育成の手間を省ける経験者やスキルを持った即戦力の人材は優遇したいところです。

ただし、優遇したい人材であっても営業職として必須の条件を満たしていなければ採用することはできません。

その必須条件を満たした人材の中から、優遇条件を満たしている人材を候補として消去法で検討していくと人材を絞り込んでいけますよ。