AI-Contact|アルコールチェック代行サービスとは?メリット・デメリットを解説

営業マネジメント

アルコールチェックが2022年4月の法改正により義務化されました。

白色ナンバーの事業者は運転者に対し、運転前のアルコールチェックをする必要があります(2022年10月施行は延期)。

しかし、運転前のアルコールチェックといっても、時間が不規則である運転者に対しすべてチェックするのは困難ですよね。

そこで、アルコールチェック代行サービスの「AI-Contact」をご紹介します。

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスを利用すれば、1コール59円~365日24時間対応なので、管理コストを大きく削減できるはずですよ。

サービス内容や料金についてわかりやすく解説します。

\ 公式HPを見てみる /

スポンサーリンク

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスとは?

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスとはどのようなサービスなのでしょうか?

サービス内容や料金についてわかりやすく解説していきます。

運営会社

AI-Contactフリートの運営会社は下記の通りです。

運営会社ジェネクスト株式会社
設立平成21年7月
資本金3億4,545万円(資本準備金含む)
事業内容・クラウド型交通安全管理システム「AI-Contact」の運営
・ドライブレコーダー映像解析/交通事故鑑定
HPhttps://genext.co.jp/

設立10年以上の老舗企業がAI-Contactを運営しているんですね。

主となる収益源はドライブレコーダーの映像解析や交通事故鑑定のようです。

経営理念・代表者挨拶からも、「悲しい交通事故をなくす」という強い理念を感じるはずです。

サービス内容

AI-Contact|アルコールチェック代行は非常にわかりやすいサービスです。

ドライバーが専用アプリよりオペレーターに電話して記録する仕組みです。

事前のアルコールチェックをすべてドライバーに委ねると、チェックを怠ったり虚偽の記録をしたりする可能性があります。

原則的には事後確認は不可で、事前に管理者がチェックしていることが必要となるんですね。

不規則なドライバーのチェックをするのが困難な企業に対し、法令に準拠してアルコールチェックを代行するサービスが「AI-Contact」です。

無料車両管理アプリAI-Contactフリートと連動

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスは、無料の車両管理アプリ「AI-Contactフリート」と連動して簡単に管理することができます。

>>AI-Contactフリート公式ページ

AI-Contactフリートを使えば、これまで手書きで行ってきた車両管理をスマホアプリひとつで一元管理することができます。

  • 運行管理
  • 車両管理
  • 勤怠管理
  • アルコール記録管理

AI-Contactフリートを使えば、これらの管理が無料で簡単に行えます。

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスと連動させて管理すると便利ですよ。

料金

気になるAI-Contact|アルコールチェック代行サービスの料金ですが「1コール59円~」となっております。

直行直帰社員や早朝深夜時間などに事前チェックしようとすることを考えると割安といえるでしょう。

チェックする側の時間外労働や工数を大きく削減することができます。

10人が20日利用する場合、59×10×20日=11,800円です。

チェックする側の管理コストと天秤にかけてみるとよいかもしれません。

詳しい金額については資料請求してみましょう!

\ 資料請求してみる /

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスのデメリット

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスはメリットだけではありません。

デメリットもありますので整理しておきましょう。

コストがかかる

すべて会社集合で営業時間内の出発であれば管理費用はかかりません。

事務員などでチェックすることができるならコストをかける必要もありません。

1コール59円~とはいえチリも積もれば山となります。

チェック者とのコスト比較をして検討するとよいでしょう。

電話をかける費用

運転者の個人携帯からコールさせるのであれば、電話料金の負担をどうするかという問題が発生します。

電話料金の負担を会社がするのであれば立替払いしてもらうことになります。

どのように立替精算を行うのかを事前に取決めしておく必要があります。

個人携帯の立替払いが明確になっている会社はよいですが、決まっていない会社には少し手間があるかもしれません。

連絡を怠るドライバー

どれだけルール化しようにも、連絡を怠るドライバーもいるでしょう。

連絡をしないドライバーをあとから確認することはできるでしょうが、事前に連絡しないで事故でも起こしてしまっては困ります。

会社でチェックしていれば防げたかもしれない事故です。

ルールを守らない社員の管理については課題となりそうです。

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスのメリット

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスは、コスト面さえクリアできれば大きなメリットがあります。

自社社員のみで管理する場合と比較して、AI-Contact|アルコールチェック代行サービスのメリットについて確認してみましょう。

人件費削減

アルコールチェックには原則として管理者によるヒアリングが必要です。

単純な作業なのにチェック者が必要になってしまうのです。

電話や対面などで運転者の状態を確認するためには、チェック者を配置するコストが発生します。

チェック者に関わる人件費」と「アルコールチェック代行サービスを導入するコスト」のどちらが安いかを検討したときに、人件費のほうが高いのであればメリットがあるといえるでしょう。

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスは各種費用を複数社でシェアすることで低コストとなっています。

導入コストと比較してみることをおすすめします。

ドライバーの待機時間不要

会社でアルコールチェックの報告をする場合、ドライバーが複数人いるとチェック待ちとなる可能性があります。

タクシー会社を想像してみてください。

同じ時間に出発しようとしたら、アルコールチェックの報告街で待機時間が発生してしまいますよね。

ムダな待機時間はドライバーのモチベーションを下げることにもう繋がります。

労働者の大切な時間を奪わない仕組み作りをしていきたいところです。

労務問題の解決

深夜時間や早朝時間などにもアルコールチェックの事前報告をするとなると、チェック者の労務管理上の問題が発生します。

チェック者の時間外労働となってしまうケースも多いでしょう。

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスを利用すれば、365日24時間オペレーターによる対応が可能です。

自社管理社員の時間外対応による負担を減らすことができます。

勤務時間外だけの導入としてもよいですね。

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスはチェック者の課題も解決するサービスといえそうです。

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスとは?まとめ

アルコールチェックが義務化されるとチェック担当者のコストや時間外労働の問題が発生します。

AI-Contact|アルコールチェック代行サービスを利用すれば、1コール59円から365日24時間対応してもらえます。

実費としてのコストは発生しますが、その分自社で管理するよりもコストカットに繋がるはずです。

もしアルコールチェックの管理が大変とお悩みの会社は、AI-Contact|アルコールチェック代行サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

\ 詳しく調べてみる /