短期間だけ駐車場を貸したいんだけどどうしたらよい?【駐車場経営】

副業

自宅の建替を検討しています。

いつ建替を開始するかまだ未定なのですが、経営している駐車場に空きがあり、短期間でも駐車場として貸したいと思っています。

どうしたらよいでしょう?

私の母の悩みです。

そこで、短期間でも駐車場として稼働させる対策がないものか調べてみました。

同じように短期間だけ駐車場を貸したい駐車場オーナーの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

短期間だけ駐車場を貸したいんだけどどうしたらよい?

いつまで駐車場経営できるかわからない

短期間でも駐車場を貸して収益を得たい

そんな駐車場オーナーに1つの答えとなるサービスがありました。

ネットだけで簡単に空き駐車場を貸し出せるサービスがあったんですね。

中でも利用者数の多い「akippa(あきっぱ)」と「特P」を紹介します。

akippa(あきっぱ)

>>akippa(あきっぱ)公式

akippaは短期間の駐車場貸しに最適のサービスといえそうです。

akippaのメリット
  • 登録料・利用料無料
  • 簡単に利用できる
  • 業界最大数の会員数
  • トラブル対応・サポートの充実

akippaは登録料・利用料無料でかつ簡単に始められます。

看板や車止めなどの設備投資が不要で、PCやスマホから登録するだけで空き駐車場をそのまま貸出することが可能です。

手間がかからず、すぐに駐車場を貸し出しできるのはうれしいですね。

利用している会員数は240万人以上!登録している駐車場は30,000件以上と利用者数が多いのも安心材料です。

すべてakippaを経由して駐車場を貸せるので、駐車場利用者とのトラブルの心配もありません。

24時間のサポート体制も心強いですね。

手数料は収益の50%前後となるので、結構引かれちゃいますが安心感と利用者数で考えると短期間の駐車場貸しには第一候補といえるでしょう。

\ 詳細を調べてみる /

特P

>>一軒家の空きスペースを貸して副収入「特P」

特Pはスマホひとつで駐車場経営ができるサービスですね。

短期間での駐車場経営は「akippa」か「特P」かという感じで、ネット駐車場経営の2大サービスです。

利用者数も月に100万人以上ということで、特Pも安心感があります。

また、特Pの強みはスマホで写真を撮って、アップロードするだけで簡単に駐車場を貸しだすことができる手軽さ。

おでかけの数時間からでも利用できるくらいお手軽です。

登録・利用料はもちろん無料で、気になる手数料も収益の30%とakippaよりも割安なのも嬉しいですね。

なるべく駐車場は稼働サイクルを回したほうがよいので、手数料の安い特Pと利用者数の多いakippaを併用して使うのも手かもしれません。

\ 詳細を調べてみる /

短期間ではやらないほうがよい空き駐車場対策

短期間で利用できる駐車場経営できるサービスがありましたが、やめておいたほうがよい空き駐車場対策もあります。

一緒に考えてみましょう。

そのまま放置

どうせ空き駐車場があるのなら少しでも有効活用しましょう。

そのまま空き駐車場として放置しておくのはもったいないです。

akippaや特Pから手数料が取られるにしても、収益の中からですので持ち出しはありません。

仮に何もしないでも月5,000円として、5か月で25,000円でも入るのと入らないのでは大きく違います。

空き駐車場を短期間だからといって、そのまま放置しておくのが1番もったいない使い方ですよ。

張り紙や管理会社で貸し出し

張り紙や管理会社を通して月極駐車場として貸出しするのが、1番収益が出る方法といえるでしょう。

しかし、建替計画が進んですぐに立ち退きをお願いするかもしれないのでは、借りた人も困ってしまいます。

かといって、短期契約と通告して貸し出すのでは客付けがうまくいかない可能性もあります。

結局駐車場として貸し出せずに、その間の収益が0円ということもあり得るのです。

コインパーキング経営

コインパーキングもまた駐車場経営の王道です。

タイムズなど大手コインパーキングなら、工事費や管理費など無料かつ手数料も低めです。

一定期間貸出しできるのであれば、コインパーキング経営のほうが合理的かもしれません。

ただし、3か月以内の解約で違約金などのルールが設けられていることもあります。

解約時期がどれくらいになりそうか、総合的に判断して利用するかどうかを検討したいところです。

短期間の駐車場貸しにakippaを利用してみる

短期間の駐車場貸しに利用者数の多いakippa(あきっぱ)を利用してみることにしました。

試してみながら、状況を見て特Pもダブル運用を検討してみます。

akippaの登録手順

akippaの登録は3ステップです。

akippa(あきっぱ)公式サイト右上より「駐車場を貸す」をクリック。

会員登録自体は無料でメールアドレスとパスワードだけで進められます。

akippaのオーナー登録手順
  • ①オーナー登録
  • ②駐車場登録
  • ③審査・掲載

オーナー登録は名前や連絡先・振込先などを登録します。

次に駐車場の住所や写真などを撮影し、貸出スケジュールを設定し登録します。

akippaスタッフによる審査が完了したら、掲載が始まり収益が発生します。

注意点

aippaのよくあるQ&Aも紹介しておきます。

Q.どんな車が入庫するか事前に知ることはできる?
A.オーナー管理画面でナンバー・車種などは事前に知ることができます。予約時のメールアドレス通知の設定も可能です。

Q.駐車場の破損が起きたらどうなる?
A.akippaユーザーには自動車保険の加入を義務付けているので、ユーザーの保険にて対応します。

Q.自分自身が駐車場利用したいときはどうすればよいですか?
A.オーナー管理画面で予約不可にすることができます。ユーザーの予約が入っている場合はユーザ ー優先となります。

心配なのは事故や破損などのトラブルですが、akippaはサポートが充実しているので安心できそうです。

特Pと併用する場合は、予約のバッティングだけは起こらないように注意する必要があります。

akippaのメリット

akippa最大のメリットはユーザー数の多さですね。

いくら駐車場手数料が安くても、利用されなければ収益は上がりません。

akippa利用者のメリット
  • 豊富な駐車場数
  • いつもより安い
  • 事前予約できる

akippa利用者にもメリットが大きいのでユーザーが多いんですね。

短期間で少しでも駐車場を貸したいオーナーと、なるべく安く効率的に利用したいユーザーがマッチングしているのがakippaのメリットといえそうです。

短期間だけ駐車場を貸したいんだけどどうしたらよい? まとめ

短期間だけでも駐車場を貸したい駐車場オーナーにおすすめなのは、Web上で簡単に駐車場を貸し出しできるakippa(あきっぱ)や特Pです。

akippa・・利用者240万人以上と会員数多く、サポートが安心

特P・・利用者月100万人以上・手数料30%で業界最安、短時間でも貸出可能

そのまま放置しているのはもったいないです。

どちらを利用しても登録・利用料無料で、収益の中から手数料が引かれるので損となることはありません。

遊ばせている駐車場や空きスペースがある方は、貸し駐車場サービスを利用してみてはいかがでしょうか。