【超簡単】レシート(バーコード)だけでポイントが貯まる小遣い稼ぎの方法3選!

営業

普段捨ててしまっているレシート。

実は、あのレシート(バーコード)でポイントを貯めることができるんです。

 

写真でスキャンしたり、商品バーコードを読み取るだけでポイントが貯まるのでとても簡単です。

そんなレシート(バーコード)を使ったおすすめの小遣い稼ぎの方法3選をご紹介します。

スポンサーリンク

レシート(バーコード)がポイントになるとは?

何でゴミになってしまうはずのレシートがポイントになるのでしょうか?

そのレシート(バーコード)がポイントになる仕組みについて確認していきましょう。

商品マーケティングに使われる

一般消費者がいつ、どこで、何を、いくらで買ったか?

これらの情報はメーカーがマーケティングする上で非常に欲しい情報であるといえます。

 

そのため、アンケートサイトやポイントサイトなどが、情報収集を代行してメーカーや小売店に提供しているのです。

 

収集されたデータは、新商品の開発・既存商品の改善・市場分析などに役立ちます。

 

レシート(バーコード)の情報は、商品マーケティングの一端を担っているのです。

データを提供する代わりにポイントで還元

レシートやバーコードのデータを取得するには、そこそこの手間がかかります。

無償でこのようなデータを集めることは困難です。

 

そこで、アンケートサイトやポイントサイトがデータ収集を代行しているわけで、ポイントとしてモニターに還元しているのです。

 

テレビの視聴率と同じように、ある程度一般消費者の信用も必要になるので全員がモニターになれるわけではありません。

 

コンテンツごとにモニターになる条件があるのです。

当然、条件がマッチングしているほうがポイント還元率は高くなります。

誰でも行えるモニターはポイント還元率があまりよくない傾向があります。

どれくらい稼げるの?

レシート(バーコード)をピッっとやるだけでポイントになるといっても、大して稼げないんじゃないか?

そう思われるかもしれません。

 

実際にどれくらい稼げるかというと、アンケートモニターの調査で週0円~400円。

スマホアプリだと1回0~20円程度となりそうです。

 

データの送信量に応じてポイント還元数は比例します。

データが多いほどポイントはもらえるんですね。

 

週300円と毎日の飲み物代の足しくらいにはなります。

1か月1,200円、1年間約14,000円。

 

レシートのスキャンは1回~5分くらいの作業です。

これっぽっちっと考えるか、簡単に稼げて嬉しいと考えるかはその人次第です。

レシート(バーコード)だけでポイントを稼げるコンテンツ

レシート(バーコード)のスキャンで、ポイントを実際に稼げるコンテンツを紹介しましょう。

条件も合わせて紹介します。

マクロミルのお買い物モニタ

言わずと知れた日本最大のアンケートサイト「マクロミルです。

アンケートモニターをするならマクロミルだけでもよいと思えるほど、アンケート数が豊富です。

 

このマクロミルではレシート(バーコード)スキャンする仕事を「お買い物モニタ」と呼んでいます。

適切にスキャンしていると、週200~300円程度稼げるのでアンケートよりずっと楽に稼げます。

ただし、誰でも「お買い物モニタ」になれるわけではありません。

 

定期的に送られるアンケートの中に、お買い物モニターを探すアンケートが混ざっています。

そこで条件を満たした人だけに、特別な本調査が行われてさらに絞り込まれるのです。

 

そして、絞り込まれた中から希望する人に対して、テスト用サンプリングが行われます。

バーコードを読み取る機械を正しく使えるかをチェックするんですね。

ここまでして初めてお買い物モニタ合格となるのです。

 

おおやけにお買い物モニタは公開していません。

お買い物モニタをやりたいと思ってもまずはマクロミルに登録してアンケートに回答し続けるしかないのです。

 

普通にマクロミルはアンケート自体でよい小遣い稼ぎになるので、気長にアンケートでポイントを稼ぎながら待ちましょう。

 

登録はこちらから

公式サイト➡アンケートモニター|マクロミル

 

キューモニターのショッピングダイアリー

東証一部上場の株式会社インテージが運営するキューモニター

マクロミルに次ぐ、安心感のあるアンケートサイトの1つです。

 

キューモニターでは、レシート(バーコード)のスキャンを「ショッピングダイアリー」と呼んでいます。

ショッピングダイアリーも適切にスキャンしていると、週200~300円程度稼げるのでアンケートよりずっと楽に稼げます。

 

ただし、マクロミルと同じくモニターの選定は条件を満たした人だけです。

定期的に送られるアンケートの中に、お買い物モニターを探すアンケートが混ざっています。

本調査➡テストサンプリングという流れも同様です。

 

ショッピングダイアリーをやりたいと思っても、アンケートに回答し続けるしかありません。

キューモニターもアンケート数豊富なので、アンケートで稼ぎながら気長に待ちましょう。

 

登録はこちらから

公式サイト➡キューモニター

 

スマホアプリ:CODE(コード)

レシートがお金に変わるアプリの「CODE

スマホアプリ「CODE(コード)」は、レシートとバーコードスキャンをアプリ上で行います。

 

レシートを写真で撮影し、バーコードをスマホカメラでスキャンしていきます。

スキャンするごとに抽選用のコインかポイントのどちらかがもらえる仕組みになっています。

 

スーパーで1回買い物した分をすべてスキャンすると、20~30ポイントと抽選券がもらえるようなイメージです。

 

アンケートサイトに比べると誰でも参加できる分還元率は低めです。

抽選はなかなか当たりませんが、ラッキーエッグという抽選の仕組みが楽しいので続けやすいですよ。

 

公式サイト➡CODE(コード)

 

その他はあまりおすすめしない

その他にもスマホアプリでバーコードスキャンをするアプリはたくさんあります。

しかし、特定の商品を買った時だけポイントが付くシステムだったり、ポイント還元率が悪かったりするアプリが多いのが実情です。

 

誰でもできるということは、その分信用度も低くなるのでポイント還元率が低いのも当然ですよね。

 

レシートやバーコードだけでポイントが貯まるのは、楽だしうれしいのですが数が増える面倒であることも事実です。

試してみるのもよいですが時間のかけすぎには注意しましょう。

レシート(バーコード)でポイントが貯まる小遣い稼ぎ まとめ

レシート(バーコード)だけでポイントが貯まるというのは、ネットの小遣い稼ぎの中でもかなり楽な部類に入るといえるでしょう。

 

おすすめ度を表にしてみました。

おすすめサイトバーコード登録方法月に稼げる額おすすめ度
マクロミル機械貸与本調査で厳選1,000円程度★★★★★
キューモニター 機械貸与本調査で厳選1,000円程度★★★★
CODEスマホカメラ誰でもできる200円程度★★★

アンケートサイトのモニタは誰でもなれるわけではありませんが、長くアンケートに答えているとチャンスは来るはずです。

 

興味がある方は是非試してみてくださいね。