営業はマスクしたままがマナー?コロナ渦の正しいマスクマナーとは

営業

営業で客先に行ったとき迷うのはマスクをしたまま面会するかどうか?

新型コロナウィルスが蔓延により、マスクマナーには大きな変化が見られます。

営業はマスクをしたままがよいのか?外したほうがよいのか?

コロナ渦のマスクマナーについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

営業の今までのマスクマナー

コロナ前のマスクマナーをまずは確認してみましょう。

原則的にはマスクを外すことが基本でした。

面会時は顔を売ることが大事

営業が面会するときに大事なことは顔を売ることとされてきました。

顔を見せることで覚えてもらい、親近感を与えることが重要とされてきたのです。

 

特に新規営業は初めての面会です。

顔を覚えてもらうことは自分を印象付けるためにも重要です。

 

マスクをしたままでは自分を印象付けることが難しくなります。

次に会った時にも誰だか覚えてもらえないかもしれません。

 

顔を売ることが営業戦略上も重要であったため、マスクを外すことが基本であったといえます。

体調が悪くてもマスクは外す

体調が多少悪くても、面会時はマスクを外すことがマナーとされていた部分があります。

 

体調を崩さないように自己管理することが前提ですが、どうしても体調を崩してしまうことはあるものです。

 

自己管理ができていないと思われることも嫌ですし、体調不良を悟られないようにマスクをしないことが美学という風潮すらありました。

 

花粉症や予防目的のマスクであればなおさらです。

営業のマスクは面会前に原則外すことがコロナ流行前のマスクマナーでした。

 

 

表情が読み取りにくい

マスクをしていると表情が確認できません。

表情が読み取りにくいことから、マスク着用のまま顧客と会うことは失礼という風潮もありました。

 

営業サイドからみてもマイナスの可能性は極力排除したいところです。

マスクを付けることで不快感を感じる人が一定数いた以上、マスクをつけて営業をすることが普通だったといえます。

営業のコロナ渦のマスクマナーとは

新型コロナウィルスの蔓延により、営業のマスクマナーは変化しました。

コロナ渦のマスクマナーについて確認していきましょう。

マスクをしたままが基本

コロナ渦の面会時はマスクをしたままが基本となります。

営業マンがマスクをしないまま面会にきたら、コロナ渦においてはお客さんは不安になってしまうでしょう。

 

不安な印象を与えることは営業にとってマイナスです。

  • もしかしたらコロナ感染者かもしれない
  • 何でマスクを着けていないんだ

このように思うお客さんもいるでしょう。

 

マスクの一番の効果は自分の唾などの飛沫で相手を感染させないことにあります。

安心を与えるためにもマスクを着けたままが基本と考えておきましょう。

マスクに触ることも避けたほうがよい

お客さんと打ち合わせの最中にマスクに触ることは避けましょう。

マスクの外側にはもしかしたら、新型コロナウィルスが付着しているかもしれません。

 

可能性がどれだけ低くても、お客さんの立場で考えると不安を与える行動です。

かゆかったり、ズレてきたりしたとしても、マスクを触らないようにしたほうが得策です。

 

マスクを触るのは意外と気づかずに行ってしまう行動です。

意識して行わないよう注意してください。

自分の身を守るためでもある

マスク着用は自分を守るためでもあります。

お客さんがコロナ感染者かもしれません。

 

お客さんと面と向かった時の飛沫により感染するリスクは、マスクにより少なからず軽減されます。

自分を守ることもマスクの大きな役目です。

 

自分の身は自分で守る必要があります。

客先にどうしても行かなければならない営業マンの、自衛の意味を含めてマスク着用しましょう。

相手に合わせよう

時には相手に合わせることも必要です。

相手が挨拶の時だけマスクを外す素振りをしたら、自分も外して挨拶することもマナーとなるかもしれません。

 

マスクを外して挨拶しそのあと着用されれば、自分もマスクを着用します。

相手と同じ行動をとることもマスクマナーといえるでしょう。

マスクについて断りをいれる

顔見知りのお客さんであればともかく、初めての面会であればマスクについて断りをいれておくと安心です。

 

マスクをしたままで失礼します。」

名刺交換の際に一言添えてもよいでしょう。

 

お客さんもコロナ渦においてはマスクについて理解しています。

ここから世間話の一環として会話のネタにしてくことも可能です。

マスクは新しい話題の提供ツールと捉えてもよいかもしれませんね。

営業のマスクマナー まとめ

コロナ渦における営業のマスクマナーは大きく変化しています。

  • マスクをしたままが基本
  • マスクを触ることも避けたほうがよい
  • 自分の身を守るためでもある
  • 相手に合わせよう
  • マスクについて断りをいれる

マスク着用は新型コロナウィルスがインフルエンザのようにワクチンが開発され、共存できる時代まで必要となるでしょう。

 

シャープなど多くの会社がマスク開発に乗り出し、市場にマスクも出回るようになってきました。

正しいマスクマナーで安心を与える営業をしていきましょう。