【日程調整ツール】スケコン(ScheCon)は無料?特徴・評判を紹介

営業

日程調整ツールの「スケコン(ScheCon)」をご存じでしょうか?

ビジネスシーンでの面倒な日程調整やスケジュール管理が簡単にできるサービスです。

しかも、無料からほとんどのサービスが利用できるという優れものです。

今回は日程調整ツールのスケコン(ScheCon)の特徴や評判を紹介していきます。

\ まずは公式ホームページを見てみる /

スケコン(ScheCon)とは

>>スケコン(ScheCon)公式

スケコンとは1対1でも複数人でも、空き時間を共有する際や日程調整をするメール返信の際にも、
便利な予定調整・日程調整を一瞬で行えるためのAIサービスです。

ちなみにスケコンとは「スケジュールコントロール」の略かな?と思っていましたが、「AIスケジュールコンシェルジュ」の略のようです。

まずは、スケコンの運営会社情報・サービス内容・料金体系について詳しく確認していきましょう。

運営会社

スケコンの運営会社は[株式会社TIME MACHINE]です。

2019年11月1日設立の新しい会社なんですね。

経営ヴィジョンとして「新しい時間で新しい価値をうみだす」を掲げています。

スケコン以外のサービスも運営します。

その他のサービス

AIやITテクノロジーを駆使したサービスを提供する事で無駄を省き、未来に価値ある時間を生み出すサービスを開発している会社のようです。

スケコン(ScheCon)のサービス内容

スケコンは1対1から複数人まで日程調整を自動で調整できるAIサービスです。

特に複数人との面接調整が必要な採用担当者には支持されており、日程調整ツールで部門3冠を達成しています。

日程調整はGoogleカレンダーなどのカレンダーサービスに連動して利用します。

空き時間を一瞬で確認できたり、複数人との調整可能時間を抽出したりできるので、簡単かつスピーディに日程調整が可能です。

ビジネスシーンを含む様々な場面でスケコンは活躍します。

スケコンが使える場面
  • 採用面接
  • 営業のアポイント
  • 複数人でのミーティングの調整
  • 飲み会・歓送迎会
  • ランチ・会食・接待
  • バイトのシフト出し

意外と起こりがちなダブルブッキングや、相手との日程の食い違いを防ぐことができる画期的なサービスですね。

スケコン(ScheCon)の料金

スケコンの料金体系を確認してみましょう。

なんといっても使えるのがフリープランです。

予定調整回数で月4回(成立時まで)利用可能です。

普通にGoogleカレンダー自体も非常に便利に使えますから、月4回でも十分使えます。

採用担当者など分刻みで使うようなスケジューリングが必要な方には、無制限のビジネスプランがおすすめです。

使い方に合わせて利用するのがいいですね。

まずはフリープランで試してみましょう!

\ 無料プランを試してみる /

スケコン(ScheCon)の特徴

スケコン(ScheCon)には8つの特徴があります。

ほかの日程調整ツールにはないポイントを確認してみましょう。

①わかりやすいUI/UXデザイン

UI/UXデザインってよく使うツールでは意外と重要です。

その点、スケコンは100名以上のユーザーアンケートを元に改善されたデザインで、使いやすくわかりやすく設計されています。

どこに何があるか使い方でつまずくと面倒になりますが、説明を見なくても直感的に使えます。

②ログインしなくても自由に使える

スケコンはログインしても、しなくてもメールアドレスと名前だけで自由に使えます

GoogleカレンダーやOutlookカレンダーとの連携で簡単です。

ログインするとメールと名前の入力が不要でさらに簡単ですけどね。

③セキュリティ対策は万全

スケコンではAWS(アマゾンウェブサービス)を利用しているため、セキュリティ対策は万全です。

スケジュールだけでなく、Googleとの連携はセキュリティがしっかりしていないと不安ですからね。

すべての通信は暗号化されており、ユーザーの予定や個人情報が共有・漏洩されることはありません。

④予定調整できる時間が一瞬でわかる

スケコンでは空き時間が簡単に確認できます

空き時間を確認したいカレンダー・予定期間・予定時間帯・所要時間・予定前後の移動時間。

これらを選択すると空きの候補時間が表示されます。

このままテキストをコピーしてメールも送れる機能が便利ですよ。

⑤複数人でも簡単にシェアして日程調整できる

スケコンは複数人の日程調整が行えるのは強みですね。

予定期間・予定時間帯・所要時間・予定前後の移動時間から候補時間を選定して表示させることができます。

ほかの参加者と候補日を調整していくことで全員の都合がよい時間を絞り込んでいけるのです。

オンラインMTGの調整でいちいち個々の都合を聞く必要がなくなるのは画期的ですね。

⑥回答を自動更新で予定が被らない

スケコンは回答した予定を自動更新してくれます。あるあるなのが、確定していない予定をカレンダーに入力し損ねてしまうことです。

相手からの回答待ちも予定から外してくれるので、ダブルブッキングの失敗を予防できます。

⑦決定した予定は自動でカレンダー入力される

決定した予定も自動でカレンダーに反映してくれます。

ちょっとした機能ですが、採用面接など多人数の調整をしていくときに、決定した予定をいちいち入力しないで済むのが楽ですね。

⑧オンライン名刺交換が一瞬で可能

スケコンではオンライン名刺情報を入力しておくと、日程調整時に自動で名刺交換が行われる機能が備わっています。

わざわざあとから相手の情報を確認する必要がないので便利ですね。

自分の名刺を整理しておくと喜ばれますよ。

スケコン(ScheCon)の評判

スケコン(SScheCon)の評判を調べてみました。

実際の利用者はどのように感じているのか?評判を確認してみましょう。

スケコンの改善してほしい評判

若干UIがわかりづらい。

今後に期待。

メールの自動送信の文章をカスタマイズできるようになるとうれしい。

Slackと連動できる機能があるとうれしい。

自動送信されるメールの文章を変えたいという意見は多かったですね。

今後のアップデートで改善されて、使いやすくなっていくのではないでしょうか。

スケコンの良い評判

日程候補を手入力する必要がなくて便利。

日程調整の手間が大幅に削減された

Googleカレンダーとの連動だけで、面倒な会員登録不要で利用できるのが楽。

無料から利用できるのでうれしい。

月4回でも十分使える。

私自身も試してみましたが複数人のスケジュール調整に便利ですね。

毎週決まった時間に営業会議を行っているのですが、都合が悪くなってしまい再調整が必要になったときに、個々のスケジュールを確認せずに調整できました。

頻繁に利用しなければ無料の範囲でも利用できるので重宝しそうです。

利用者の声

スケコンのHPには利用者の声が紹介されています。

自動でGoogleカレンダーに入力されることで大幅に手間が削減。1週間に30件のMTGも簡単に日程調整ができた。

207株式会社

日程調整のストレスから解放。ダブルブッキングの心配がゼロになり、心に余裕ができた。

株式会社イニシャル

日程調整を効率化して無駄な時間を削減、プライベートのスケジュールもスケコンで行うくらい日常に定着化した。

株式会社ウィルゲート

企業がインタビューに答えてくれるのは信頼関係を感じますね。

まとめ:スケコン(ScheCon)は無料で試してみよう

スケコンは日程調整・スケジュール管理ツールとして、非常に便利なツールです。

多くの人が利用しているGoogleカレンダーと連動することで、複数人との面倒な日程調整も簡単にかつダブルブッキングのないように調整可能です。

無料から利用できますので、日程調整に苦労している方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

\ 無料で試してみる /