ヤフーカードの申し込み手順を画像付きで紹介!わかりにくいポイントも大丈夫

マイレポート

ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)を申し込みました。

PayPayが○○ペイの主流になっていく中で、唯一PayPayチャージができるクレジットカードです。

クレジットカードを作るのに不安がある方もいらっしゃると思いますので、ヤフーカードの発券手順を画像付きで紹介します。

スポンサーリンク

ヤフーカード申し込み前の準備

ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)を申し込みする前に準備が必要です。

  • ヤフーカードの概要を理解する
  • ポイントの2重取りサイトを探す
  • キャンペーン期間を狙う

確認していきましょう。

ヤフーカードの概要を理解する

ヤフーカードの特徴を紹介します。

年会費永年無料
ブランドVisa JCB Mastecard
家族カード年会費無料
ポイントTポイント(100円につき1ポイント)として利用可
ポイント還元率1.0%
Yahoo!サービス内利用3.0% Tポイント2.0%+PayPayボーナス1.0%(対象外の場合も有り)
paypayチャージ唯一できるクレジットカード
paypay連携得点0.5%~1.5%

ポイント還元率やスペックは大人気楽天カードとほぼ一緒です。

ヤフーカードはPayPayチャージが使えて、PayPayと連携させるのがお得なのが他のクレジットカードとの大きな違いですね。

ポイントの2重取りサイトを探す

ヤフーカードを新規発行する際は、ポイントの2重取りができるサイトを探しましょう。

クリックして申し込みをするだけで、~6,000円相当のポイントを獲得できます。

ざっと探してお得だったのは以下の通りです。

  • A8.net →案件数が豊富・日本最大級ASPでセルフバック
  • げん玉 →楽しく稼げる大手ポイントサイト
  • ポイントタウン →GMOグループのポイントサイト

タイミングによって、ヤフーカード申し込みのポイントは変わるので、一番お得なサイト比較をして申し込みするようにしましょう。

 

私の申し込みのタイミングはげん玉が一番お得(6,000円相当)でしたので、げん玉を経由してヤフーカード発行手続きをしました。

キャンペーン期間を狙う

ヤフーカード自体も定期的にキャンペーンを行っています。

カード発行するだけで5,000~10,000ポイントがゲットできます。

※ヤフーカード公式にて(https://card.yahoo.co.jp/campaign/)参照

 

なるべく10,000ポイントのタイミングを見つけて、ヤフーカードを発行したいですね。

ポイントサイトとの2重取りできるタイミングであれば、最大16,000円相当になります。

 

PayPayチャージができて、還元率のよい使えるクレジットカードを発行するだけなのにとてもお得ですね。

ヤフーカードの申し込み手順

実際に申し込みをしたので、画像付きでヤフーカードの申し込み手順を紹介します。

クレジットカード申し込みの手順が不安な人も確認しながら進めれば大丈夫ですよ。

お得なサイトを経由

  • A8.net →案件数が豊富・日本最大級ASPでセルフバック
  • げん玉 →楽しく稼げる大手ポイントサイト
  • ポイントタウン →GMOグループのポイントサイト

まずはお得なサイトを経由して、ヤフーカード申し込みをしましょう。

どうせヤフーカードを申し込むなら、ポイント2重取りしたほうがよいです。

Yahoo!JAPAN IDがあれば早い

ヤフーカードの申し込みにはYahoo!JAPAN IDが必要になります。

持っていない人はIDの新規取得が必要です。

持っている方は「IDをお持ちの方」をクリックします。

基本情報の入力①

①名前

ローマ字(パスポートがあれば合わせる)

③生年月日

ローマ字はワンクリックで自動表示されますが、パスポートがあれば合わせましょう。

海外で使うときに合わないとトラブルになることがあるようです。

④性別 ⑤住所 ⑥電話番号 これは問題ないですね。

 

⑦職業を選択

⑧前年度ご本人税込年収 これは概算で大丈夫でしょう。

⑨家族構成

⑩お住まい 住居の形態・居住年数

この辺も正直にクリックで問題ないですね。

⑪住宅ローンまたは家賃の支払い どちらかにチェック

⑫カードの利用目的 最低ひとつ選択してください

ブランド選択 (JCB・Mastercard・VISA)から選択します。

1番人気がJCBになっていますが、ここは考えましょう。

 

JCBは日本企業で国内であれば使える場所は多いのですが、海外だと使えないことも多いカードです。

世界的なシャアでいうと、VISA→Mastercard→JCBとなります。

私はVISAを持っているので、Mastercardにしました。

 

⑭カードデザイン選択 お好みでOK

ここまでで折り返し地点ですね。

ローマ字と⑬ブランド選択だけはよく検討してください。

基本情報入力②

次のページに移るとここまで64%です。

あと半分ですが、いくつか注意すべきポイントがありますのでよく確認していきましょう。

⑮勤務先 ⑯勤務先情報 ⑰勤務状況

ここは正しく入力しましょう。

登録したからといって会社に電話してくることはありませんので大丈夫です。

(支払いが滞ったら知りませんが)

⑱役職 これは任意でOK

⑲前年度世帯年収 本人含む年収です。⑧は個人年収 ⑲は世帯年収です。

⑳預貯金額 これは任意でOK

㉑暗証番号 カード利用時に必要になる番号です。必ずメモしておきましょう。

よく使うので覚えやすい番号にしておくといいですね。

 

まるごとフラットリボは注意

まるごとフラットリボ ここは要注意です。

よくわからないから設定しておこうはいけません。

 

設定するを選択すると分割払いとなり、手数料が発生します。

後からでも変えられますので、「まるごとフラットリボを設定しない」を選択しましょう。

リボ払いは割高な手数料を払うことになるので注意して下さい。

キャッシングサービスも注意

キャッシングサービス これも「希望しない」にしましょう。

希望するが標準のようにみえますが、キャッシングはお金を借りるということです。

高い金利を払わなくてはいけなくなりますので、使わないに越したことはありません。

 

㉔運転免許証 正直に選択してください。

オプション選択

㉕家族カード お好みで

㉖ETCカード お好みで

㉗プラチナ補償 お好みで

私はすべて「申し込まない」にしました。

 

これらはもっと他にお得なものがありますので、基本的には不要といえそうです。

申し込むにしても今決めなくてもよいでしょう。

 

ここまででヤフーカードの申し込みは完了です。

支払い口座の登録

そのままクレジットカードと支払い口座の登録をして、紐づけをしましょう。

銀行引き落としが絶対です。

お好きな銀行口座で引き落とししましょう。

ジャパンネット銀行の口座を持っているなら、ヤフー系列なので少しお得ですがわざわざ口座開設するほどではありません。

既存口座で選択してください。

口座番号や暗証番号などが必要なので、手元に用意して進めてください。

これで手続きはすべて完了です。

お疲れさまでした。

 

ちなみに審査完了のメールは30分くらいできました。

ヤフーカード自体は3~5日で届くそうです。

ヤフーカードの申し込み手順を画像付きで紹介!まとめ

ヤフーカードの申し込みをしたので、実際の手順を画像付きで紹介しました。

いくつか注意点がありますので、あらためて確認してください。

  • ポイント2重取りサイトを探す
  • キャンペーン期間を狙う
  • ローマ字はパスポートに合わせる
  • ブランド(JCB・Mastercard・VISA)はよく検討
  • 暗証番号は控えておく
  • まるごとフラットリボは設定しない
  • キャッシングサービスは希望しない

これらは結構重要ですので、確認しながらヤフーカードを作って下さいね。

 

ポイントが2重取りできるサイト
  • A8.net →案件数が豊富・日本最大級ASPでセルフバック
  • げん玉 →楽しく稼げる大手ポイントサイト
  • ポイントタウン →GMOグループのポイントサイト

 

⇩関連記事

ヤフーカードのアフィリエイトを扱うASPとお得な開設方法を調べてみた
ヤフーカードのアフィエイトを扱うASPがあるのか探してみました。PayPayチャージを唯一できるヤフーカード(Yahoo!Japanカード)の利用者が今後増えそうです。ヤフーカードを自分自身で作ることきのお得情報と合わせて解説します。