副業の注意点とは?サラリーマンが失敗しないよう気を付けるべきこと

副業

サラリーマンの副業には注意点がいくつかあります。

少しでも副業で稼ぎたいと考えるサラリーマンが増えていますが、注意しないと大きな失敗をしてしまう可能性があるのです。

そこで、サラリーマンが失敗しないよう気を付けるべき注意点を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

副業するときの注意点

サラリーマンが副業するときに気を付けることとして、どのような注意点があげられるでしょうか?

忙しいサラリーマンという前提で注意点を考えてみましょう。

 

サラリーマンが副業するときの注意点
  • 会社にバレる
  • 副業による寝不足
  • 時間をかけても稼げない
  • 赤字になる

 

これらのことは副業するサラリーマンが気を付けなければならないことです。

1つ1つ確認してみましょう。

会社にバレる

副業が大丈夫な会社であれば何も問題ありませんが、副業を禁止している会社も存在します。

就業規則や服務規程をよく確認してから、副業を行うようにしたいところです。

 

ただし、副業を禁止している会社であっても、軽く副業しているだけならそんなに簡単にはバレません。

会社に副業がバレるケースとしては、大きく分けて2つ考えられます。

 

  • 住民税により会社にバレる
  • 自ら話してしまう。(同僚やインターネット等)

詳しく確認していきましょう。

 

住民税によりバレる

特に住民税はアルバイトなどで給与所得を得る場合、アルバイト先が支払う住民税ですぐにばれてしまいます。

副業禁止の会社であればアルバイトなどは避けた方がよいでしょう。

また、副業収入が20万円以上となるときは確定申告が必要となるケースがあります。

その際の申告方法によってはバレてしまうことがあるのです。

自ら話してしまう(同僚やインターネット)

自ら周りに話してしまえば、巡り巡って上司の耳にも入るかもしれません。

副業禁止の会社ならば親しい同僚にも内緒にしておくことが賢明です。

 

また、SNSやブログなどから副業していることがバレてしまうことも考えられます。

公言する限りどこでバレるか分かりませんので注意しましょう。

副業による寝不足

多くのサラリーマンは日中働いていますので、副業を行う時間は休日や早朝・夜間に確保することになります。

副業していなければ休める時間を働いているわけですから体力を消耗します。

 

睡眠時間を削りながら副業を行っているサラリーマンも少なくありません。

睡眠時間を削れば当然本業に影響が出てしまう可能性があります。

寝不足により集中力が切れてミスをしたり、遅刻をしたりしてしまったりする可能性もあるのです。

 

時間をかけても稼げない

アルバイトなどの副業が難しいサラリーマンは、ネットを利用した副業が主流となっています。

しかし、副業の種類によっては収入は安定しません。

 

特にアンケートモニターやポイントサイトなどの単価の安い副業は、時間をかけてもなかなか稼げないということは往々にしてあります。

 

また、クラウドソーシングを利用してのライティング等の仕事はアンケートモニターなどに比べれば単価はよいかもしれません。

それでも時給換算すると悲しくなるほどの単価となるでしょう。

 

 

また、ブログやYouTubeは大きな収益化の可能性がありますが、継続と時間が必要になります。

始めるときには強い決意と時間の確保が必要になるのです。

 

ブログは100記事書いてからが勝負です

>>ブログを100記事書くとどうなるか?PVと収益の結果と達成方法

 

実はネットでの副業はなかなか大きな収入を得るのは難しい実情があります。

副業で毎月どれぐらいの収入を目指すかにもよりますが、ネットによる副業は時間をかけてもなかなか稼げないという現状があるのです。

 

赤字になる

株式投資や投資信託といった資産運用は、元金割れしてしまうリスクのある副業です。

正しい知識とリスクを分散させた運用で赤字とならないようにしたいところです。

⇩株式投資と投資信託はサラリーマン向き!

>>サラリーマンと株式投資の相性は良い!本業への効果と儲かる仕組み

>>投資信託はプロに任せて安心、副業できないサラリーマンにおすすめ!

ネットショップは副業も自身で在庫を抱えるような運営をする場合、在庫を保管する場所や在庫を仕入れる経費がかかります。

ブログアフィリエイトで副業行う場合は、ブログ運営に伴うサーバー代、ドメイン代がかかる可能性があります。

 

全て経費が先行したり、元手の必要な副業には赤字となるリスクがありますので注意したいところです。

副業するときのルールを決めよう

気を付けるべき副業の注意点を活かして、副業を行うようにしましょう。

自分の中で副業するときのルールを決めておくことをおすすめします。

誰にも内緒で行う

同僚や友達など誰かに副業をしていることを話すと、どこかから話が伝わり会社にバレてしまう可能性があります。

ここはなるべく我慢で副業のことは誰にも内緒で行うとよいでしょう。

 

ネットやSNSにおいてもなるべく伏せておくことをおすすめします

またはバレないようにしっかり対策を立てることです。

 

ツイッターやインスタグラムなどから、個人が特定されるケースも少なくありません。

同僚や上司が気づいてしまうということも考えられますので注意しましょう。

時間を決めて行う

お金を稼ぎたいからとといって睡眠時間を削り過ぎてしまうのでは、本業に支障が出て会社での評価が下がるかもしれません。

それでは本末転倒ですよね。

サラリーマンが副業を行うときには時間を決めて行うようにしましょう。

 

「平日は夜の12時まで」と決めたり、副業は早起きして「朝5時から出社まで」のように時間で縛ると続けやすいと思います。

忙しいサラリーマンは時間に限りがありますので、休日なども利用してうまく時間を作るようにしましょう。

 

朝活すれば時間を作って副業できます!

>>朝活のメリットと効果とは?自ら継続することで検証してみた

自分に合った副業を選択する

時間のないサラリーマンは、時間の切り売りとなるような副業は避けた方がよいでしょう。

集中して単価の安い仕事をしてもなかなか稼げません。

 

アンケートモニターやポイントサイトなどの単価の安いネット副業は、移動中などをうまく利用するのがおすすめです。

 

  

得意分野があるならば特化ブログを作るのもよいかもしれません。

株式投資や投資信託といった資産運用を行えば、経済や時事ニュースにも強くなり本業とも相乗効果があるかもしれません。

 

副業はとにかく長く続けることが大切です。

自分に合った副業を選択するようにしましょう。

副業の注意点 まとめ

副業でお金を稼ぎたいのにお金が減ってしまうことも、時間を費やした分の収入が得られないことも、寝不足で本業に支障がでてしまうこともあります。

ネット環境だけあればいつでも誰でもできる副業がたくさん出てきましたが、副業で稼ぐコツはとにかく長く続けることです。

 

  • 会社にバレる
  • 副業による寝不足
  • 時間をかけても稼げない
  • 赤字になる

サラリーマンはこれらの注意点を確認した上で、自分に合った副業を選択し無理しない範囲で行うようにしましょう。

 

副業するなら資格取得が一番コスパがいいですよ!

給料が資格手当で毎月アップする?【資格を取るだけで簡単です!】
あなたが働く企業に資格手当の制度はありますか?資格手当とは特定の資格を保有しているだけで、毎月の給料がアップする福利厚生制度です。もし、資格手当を会社が支給しているなら、資格を取らない手はありません。毎月の給与を大きく変える資格手当についてお伝えします。

サラリーマンがやっていはいけない副業とは?

【厳選】サラリーマンがやってはいけない(不向きな)副業10選!
「働き方改革」によりサラリーマンによる副業が認められる時代となってきました。1つの会社に縛られず副業をしているサラリーマンもどんどん増えてきています。今回は普通のサラリーマンがやってはいけない(不向きな)副業のやり方10選!をご紹介します。