大人は勉強する意味はない?勉強しない大人の末路と勉強の始め方

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。

消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮し、コンテンツを作成しておりますのでご安心ください。

マイレポート

「大人は勉強する意味はない」「何のために勉強するの?」こんなふうに考えて、勉強しない大人が増えていますね。

子どもには「勉強しなさい」といっている親が、全然勉強していないという事故があちこちで起きています。

確かに学生時代に勉強した2次関数を大人になって使うことはあまりありません。

本当に大人は勉強する意味はないのでしょうか?勉強しない大人はどうなってしまうのでしょうか?

考えてみましょう。

スポンサーリンク

大人は勉強する意味はないのか?

大人は勉強する意味はないのでしょうか?

大人が勉強する意味から考えてみましょう。

結論:勉強する意味は選択肢を広げること

大人が勉強する意味、その結論からいえば「選択肢を広げること」といってもよいのではないでしょうか。

例えば、iDeCo(イデコ)の仕組みについて知った上で運用しない決断をすることと、iDeCoの仕組みすら知らないのでは選択肢の幅が異なっています。

ステップアップするために「転職エージェント」という選択肢を知らなければ、ハローワークで転職先を探すことになります。

知っていることが多ければ多いほど、選択肢の幅は広がっていきます。

逆に知っていることが少なければ、少ない選択肢の中からしか選ぶことはできません。

大人になると自ら勉強しないと得ることができない情報がたくさんあります。

受け身で勉強してきた学生時代、教えてもらう前提である学生時代とは大人は違うのです。

知らないからこそ調べる

聞いたことのない言葉を聞いたときにどのように考えますか?

よくわからないから怪しい」「よくわからないことを調べることは面倒」と考える人は要注意です。

勉強しない大人の考え方です。

知らないことをすぐ調べる人との差がどんどん大きくなっています。

知らないからこそ調べる」ことこそが勉強ですし、大人になってからの差別化です。

子どもは親を見る

子どもにとっての勉強は受験やより良い学校に行くためといった目標もあります。

学力は一つの指標となりますから、自分の勉強した結果次第で進んでいく人生が大きく変わっていきます。

しかし、大人になって就職してしまえば勉強という勉強をしなくても生きていけます。

仕事中に仕事に関する知識を吸収ることは当たり前で、プライベートの時間はゲームやYouTubeばかりという大人も増えています。

そんな風に楽をして勉強していない親が、子どもに「勉強しなさい」といっても、子どもだって納得がいきません。

子どもは親を見ています。

子どもに勉強する姿を見せずに、子どもに勉強のことを指摘することはちょっと違うかもしれませんね。

なぜ日本の大人は勉強しないのか?

日本は大人になると勉強しないとよくいわれていますよね。

なぜ日本の大人は勉強しないのでしょうか?

考えてみましょう。

日本は大人が勉強しない国

先進国の中でも日本はトップレベルで勉強しない国といわれています。

社会人の平均勉強時間は”6分”です。

これは一部の勉強する人とまったく勉強しない人の二極化が進んでいるともとれますね。

周りの人が勉強していないので、安心感を持ってしまうのもよくない流れです。

主体的に動かないと勉強はできない

日本人は「大人になって使わない」ことを学生時代多く学んできました。

古文・漢文などなくなっていく言葉を学び、使わない=意味がないと感じることも多いのではないでしょうか。

受け身で大人になって使うことのない勉強してきた環境が、大人になって勉強する意味を感じなくなってしまう要因にもなっているでしょう。

大人になると主体的に勉強しなければ、勉強しなくても生きていけます。

勉強しない大人は主体的に勉強しようと思えるきっかけがないのかもしれませんね。

勉強する時間がないという言い訳

仕事や育児が忙しくて、勉強したいけど勉強する時間がないと考えている人もいるでしょう。

勉強したいとは思っているんだけど・・」と思っていても行動できていない人も多いでしょう。

実際に大人になると仕事や育児に時間が多くの時間が割かれます。

しかし、スマホやテレビを見ながらダラダラしている時間があるはずです。

休息は必要ですが、時間がないことを言い訳にして勉強しないのは、忙しくても勉強している人が以上言い訳でしかありません。

勉強しない大人の末路

勉強しない大人はどうなってしまうのでしょう?

勉強しない大人の末路を解説していきます。

勉強している人との差は開いていく

勉強しない人と勉強する人の差は当然ながら開いていきます。

勉強する人の選択肢は広がり、打ち手や可能性もどんどん広がっていきますが、勉強しない人は当然ながら選択肢は広がりません。

選択肢が広がれば仕事の幅も広がり、やれることややりたいことも増えていきます。

勉強している人は仕事の場でも活躍し、立場的にも重要なポジションについていくことが多いですね。

1日1時間の差は1年で365時間、10年で3650時間も広がっていきます。

金銭的な苦労をする

勉強しない人は金銭的な苦労をすることでしょう。

投資の勉強をしない人は「NISA」や「iDeCo」といった節税制度のことを知りません。

保険の勉強をしない人はムダな保険に加入してしまいます。

副業の勉強をしない人は副業をせずに給与所得に依存します。

どれも勉強をしないことによる選択肢の幅が小さいことが問題です。

勉強しない人はいくら真面目に会社で働いても、資産を築けずに金銭的な苦労をすることになるかもしれません。

⇩お金の勉強をまずはしましょう。

成功者への妬みやひがみを持つ

勉強しない大人の一部は成功者へのねたみやひがみの感情を持ってしまいます。

SNSで誹謗中傷を繰り返したり、不倫した芸能人をたたいたりしている人の多くは勉強しない大人です。

勉強していたり、自分の成長を求めてたりしている人は、妬みやひがみに時間を割くことが不毛であることを知っています。

勉強しないと成功者にはなかなかなれません。

自分の中の正義を振りかざして誰かをSNSで責めているつもりでも、成功者へのただの妬みやひがみによることも多いのです。

勉強しない大人から勉強する大人に変わるには?

勉強しない大人から勉強する大人に変わりたいと思う人も多いでしょう。

しかし、何から何をやればよいのかわからない人も多いはずです。

そこで、勉強しない大人から勉強する大人に変わる方法について考えてみましょう。

本を読む

本を読むことが手っ取り早く勉強をするきっかけになります。

⇩どんな本を読めばよいかわからない人は下記の記事を参照ください!

本を読むことで知らなかったことを知ることができますし、成功者の体験を自分に落とし込むこともできます。

⇩夢と金もおすすめです。

今すぐやる

人生において一番若いときは「」です。

勉強するのにはもう遅いと思ってしまうかもしれませんが、今すぐやることでしか前には進めません。

勉強し続けている人には追い付けなくても、今始めなければその差はもっと広がっていきます。

「勉強してみよう」と思ったらすぐに行動するしかありません。

やらないことを決める

勉強するときのハードルとなるのが時間を食いつぶしている「浪費行動」です。

ゲーム・YouTube・テレビ・マンガなど、身近には浪費行動につながるコンテンツがたくさんあります。

ついつい楽なことに人は逃げてしまいがちです。

見たいと思うテレビ以外は見ない、ゲームアプリはやらないなど、やらないことを決めることも大切です。

資格を取る

資格取得は明確な目標ができるので、勉強するきっかけ気になります。

何歳からでも資格取得は始めることができます。

取得することで資格手当が会社から支給されることもありますので、資格取得は勉強を始めるのにおすすめです。

趣味で資格取得を始めてみるのもよいでしょう。

⇩気軽に資格取得を始めるのにおすすめ

スタディングオンライン資格講座宅建・FP・簿記・TOIEC
ビジネス実務法務・ITパスポートなど
オンスク.JPオンライン資格講座宅建・FP・簿記・ビジネス実務法務
・秘書検定・ITパスポートなど
ユーキャン通信講座宅建・FP・簿記・MOS
秘書検定・ITパスポートなど

大人は勉強する意味はない?勉強しない大人の末路と勉強の始め方まとめ

日本人は勉強しない大人が多いのが現実です。

勉強する意味についても、子どもに対して答えらないし、自分で答えを見つけられていもいないのかもしれません。

勉強することは選択肢を広げることです。

「知らないことを知ること」を勉強として定義すると、いろいろなことが勉強になります。

今が一番若い日です。

勉強をしてみようと思ったら、今すぐに勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。

消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮し、コンテンツを作成しておりますのでご安心ください。

マイレポート
スポンサーリンク
定時帰りの営業課長をフォローする
営業マネジメント.com