コロナ禍でマイカー通勤を行うメリットとデメリットを紹介します!

営業

新型コロナウィルスの蔓延により、一部企業ではリスク低減のためマイカー通勤を認めるようになりました。

そこでコロナ禍でマイカー通勤を行うメリットとデメリットを紹介します。

うまく使えればマイカー通勤は非常に便利ですので認してみましょう。

スポンサーリンク

マイカー通勤のメリット

一部企業ではマイカー通勤を認めるようになってきました。

まずは、マイカー通勤のメリットについて確認してみましょう。

コロナの感染リスク低減

マイカー通勤を行うと、満員電車での移動をしなくて済みます。

>>満員電車に乗りたくない!コロナ禍に満員電車に乗らない方法とは

 

コロナの感染リスクはいたるところにありますが、満員電車のリスクはやはり大きいといえます。

いくら換気をしても、電車移動は密接・密集の空間であることは避けられません。

 

しかし、マイカー通勤を行えば1人で行動できるので、移動時のコロナ感染リスクを低減させることができます。

雨の日でも濡れない

マイカー通勤のメリットは雨の日でも濡れないこともあげられます。

 

電車移動・徒歩・自転車などで移動すると、どうしても移動の間で濡れてしまいます。

仕事の始まりでじっとりしてるのって一日中響きますよね。

 

マイカー通勤なら、雨の日でも濡れずに移動できます。

こらはマイカー通勤のメリットの1つといえるでしょう。

一人で自由

マイカー通勤は一人で自由に過ごせることもメリットといえるでしょう。

音楽・Voicy・Youtubeなど、一人時間を楽しみながら移動することが可能です。

 

スマホを見るといった手を使った作業はできませんが、音声コンテンツは運転しながらでも楽しむことができます。

一人時間は自由なので通勤時間も苦痛ではなくなりますね。

 

音声コンテンツの有効活用

>>音声入力でブログを書くと超早い!! Google ドキュメントを使ってみよう

 

マイカー通勤のデメリット

マイカー通勤のデメリットも確認しておきましょう。

必ずしもマイカー通勤がよいわけではありません。

会社が認めてくれるか

前提として、マイカー通勤を禁止している企業もたくさんあります。

通勤代の計算も難しいですし、駐車場代やガソリン代の取り扱いも難しいところです。

 

マイカーを消耗する分も加味する必要がありますので、社内規定から考える必要があります。

コロナでの感染リスク低減策として有効ですが、仕組みをきちんと設計しなければ運用はなかなかできません。

 

会社がコロナを機に認めてくれるかが、大きなハードルとなるかもしれません。

事故やトラブルの責任

マイカー通勤による事故やトラブルも懸念されます。

事故や違反切符を切られたときに、会社はなかなか補償することができないはずです。

 

運転者にこういった負担があることを双方が合意の上で、マイカー通勤は行わなければなりません。

事故やトラブルのリスクは、コロナ感染リスクと比べてみて運転者の感覚は違うでしょう。

 

マイカー通勤は希望者かつ、会社が認めるという条件を満たす必要があります。

電車のほうがよい日もある

マイカー通勤は万能ではありません。

日中の移動で都心部や混雑するエリアに移動する場合は不便なこともあります。

 

マイカー通勤をするときには駐車場代も最小限にしたいところですから、日中の移動もマイカーにしたほうがよいのです。

日中の営業活動とのバランスを考えて、マイカー利用をするようにしましょう。

マイカー通勤のベストな使い方

マイカー通勤のベストな使い方を考えてみましょう。

うまく使えればコロナ感染を低減させて、かつ移動が楽になりますよ。

会社の駐車場にとめる

駐車場代がコストアップになり、マイカー通勤をためらう場合もあるでしょう。

会社側も駐車場代を毎回計上されては、経費が掛かって仕方ありません。

 

そこで、会社の駐車場にとめるようにすれば経費はかかりません。

社用車が日中で払っている間は車をとめておいても問題ないはずです。

 

会社に駐車スペースがない場合には難しいので、駐車場の有無は重要ですね。

マイカーと電車を併用する

日中の行動に応じて、マイカーと電車移動を併用します。

都心部に行くときには電車移動にする、一日会社にいるときには電車移動にする。

このように行動に応じて、移動手段も選択できるとよいでしょう。

 

ベストなマイカー行動は、社用車が出ている午前中に事務仕事を社内で行い、社用車が戻ってくる午後に外交活動をまとめ直帰します。

これで、リスクを低減した行動をしながら、駐車場代をかけずにマイカー通勤をすることができますよ。

混雑時間の移動を避ける

緊急事態宣言解除に伴い、物流含む車両の数が増えています。

出勤のコアタイムは渋滞により、普段より時間がかかるということも起こり得るので注意しなければなりません。

 

そこで、早朝出勤早帰りなど混雑時間を割けて出勤するのもおすすめです。

早朝出勤は移動時間の短縮になるだけでなく、社内の事務作業もはかどります。

>>早朝出勤に今こそ切り替えよう!早朝出勤のメリット・注意点・続け方

 

マイカー通勤をするからこそ、混雑時間を割けて安全で楽になる行動を取りましょう。

コロナ禍のマイカー通勤のメリット・デメリット まとめ

コロナ禍においてはマイカー通勤を認める企業も増えてきています。

改めてマイカー通勤のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

 

マイカー通勤のメリット
  • コロナの感染リスク低減
  • 雨の日でも濡れない
  • 一人で自由

 

マイカー通勤のデメリット
  • 会社が認めてくれるか
  • 事故やトラブルのリスク
  • 電車のほうがよい日もある

 

これらのメリット・デメリットを踏まえた上で、適切にマイカー通勤をすると便利です。

マイカー通勤を行いたいと考えるのならば、メリットとデメリットはよく把握しておきましょう。