建設業や工事関係のブログを書くメリットとデメリットを解説します!

建設業界

ブログには様々なジャンルがあります。

個人ブロガーが稼ぐ上で重要なのはブログのジャンルです。

アフィリエイトなどをうまく絡めないとなかなかブログでは稼げません。

建設業や工事関係のブログはジャンルとしてどうでしょうか?

建設業や工事関係のブログを書くメリットとデメリットを解説します!

スポンサーリンク

建設業や工事関係のブログの現状

建設業・工事関係のブログの現状はどういった状況でしょうか?

様々なキーワード検索をしたり、建設業界の記事を書いたりして、わかったことがありますのでご紹介します。

  • ①書いている人が少ない
  • ②難しい用語が多い
  • ③需要はある

建設業・工事関係のブログはこのような現状がありそうです。

確認していきましょう。

書いている人が少ない

建設業・工事関係のブログを書いている人は非常に少ないですね。

これは後述するデメリットにも関わりますが、アフィリエイトなどと関連付けることが難しいのが一つの理由です。

建設業界は対官公庁・対法人が多い仕事なので、対個人向けのアフィリエイトの相性は悪いといえます。

また、建設業・工事に関係した仕事をしている人はなかなかブログを書く余裕がないかもしれません。

建設業界は勤務時間が長いのが業界的な特徴です。

土曜日が出勤であったり、朝早くから出勤だったりしていれば、ブログを書く時間を作るのは難しいですね。

難しい用語が多い

建設業界は非常に専門性の高い仕事です。

一般の人が使わないような言葉が飛び交います。

ですから、難しい用語が多く記事を書くのも難しいんですね。

これが建設業・工事に関係するブログが少ない理由にもなっていそうです。

専門知識がある人の記事や企業のホームページが上位表示されます。

ここでも難しい言葉が並んでいます。

需要はある

建設業・工事関係のブログは少ないのが現状です。

そこに需要がないわけではなく、書く人が少ないというだけという実態がありそうです。

実際に検索需要は多く、キーワード検索自体はボリュームがあります。

ただし、ここで検索してみると自分が欲しい情報はなかなか出てきません。

官公庁の難しい用語が並ぶページや、企業サイトばかりが並びます。

検索需要はあるが欲しい情報が少ないのが建設業界ではないでしょうか。

建設業・工事関係のブログを書くデメリット

建設業・工事に関連するブログを書く人が少ない理由はデメリットがあるからです。

  • アフィリエイト案件が少なく稼げない
  • 記事の専門性が高い
  • ずっと仕事している気持ちになる

大きく3つ挙げました。

確認してみましょう。

アフィリエイトが少なく稼げない

建設・工事に関連するブログを書いてみて思うのは、アフィリエイト案件が少ないということです。

建設業界は対官公庁・対法人となる仕事が多いから仕方ないかもしれません。

公共工事に関係する記事を書いたところで、アフィリエイトを絡めることはなかなかできません。

入札 談合 わかりやすく」の記事を書いたところで、キャッシュポイントはグーグルアドセンス程度です。

その談合の記事>>談合とは?入札談合の仕組みをわかりやすく解説!絶対にやってはいけません

アフィリエイトに関連づかないとなかなか稼げないのはデメリットですね。

記事の専門性が高い

建設業・工事に関する記事を書くには、専門的な知識が必要になります。

実際に建設業界で働いていないとなかなかブログは書けません。

また、実際に建設業で働いていても専門性は広く深いため、知識を深めていく必要があります。

これは、ブログを始める上でハードルが高いのはデメリットですね。

初心者がブログを始めるときには気軽さがほしいところですが、建設業界のブログは気軽に書けないのです。

ずっと仕事している気持ちになる

仕事に関連したブログを書くデメリットとして、ずっと仕事をしている気持ちになることも挙げられます。

自分の趣味やおすすめしたい物であれば、文章はスラスラ書けるものです。

建設業・工事に関係するブログは本業に関連しているはずです。

副業としてブログを書くのに、本業のことをずっと考えている必要があります。

休日も平日の夜も仕事に関わっていることは、多くの個人ブロガーには難しいのかもしれませんね。

建設業・工事関係のブログを書くメリット

建設業・工事に関連したブログを書くデメリットに対し、書くメリットはどんなことがあるでしょうか?

  • 競合が少なく上位表示を取りやすい
  • アフィリエイトも探せばある
  • 本業に使える知識が増える

建設業・工事のブログを書くメリットを解説していきます。

競合が少なく上位表示を取りやすい

建設業・工事に関連するブログは需要はあるのに書く人が少ない現状があります。

つまり、競合が少ないということです。

難しい言葉が羅列されているサイトは読もうとは思いませんが、わかりやすく解説してくれている記事は読まれますし、上位表示を取りやすい傾向にあります。

例えば「○○とは?」「○○ わかりやすく」のように検索する需要があります。

検索需要に応える記事はPVを集める集客記事になりやすいですよ。

PVが増えればグーグルアドセンスでの収益も増えてきます。

アフィリエイトも探せばある

建設業界・工事に関連するアフィリエイトは難しいですね。

ただ、まったくないわけではありません。

建設業・工事に関連するアフィリエイトも存在します。

CHECK!

特にタウンライフアフィリエイトは高単価の案件も多く、メジャーなASPサイトにはない独自案件があります。

>>タウンライフアフィリエイト公式ページ

建設業関連のブログでもよい案件を見つければ稼ぐことは可能ですよ。

本業に使える知識が増える

建設業や工事に関するブログを書くためには知識が必要です。

自分が仕事で経験してきたことをアウトプットすることでも知識は定着します。

また、難しいことを調べることで知識になります。

これは本業に使える知識が増えることに他なりません。

業務時間外に書くブログによって、本業の知識が深まるのは一石二鳥ですね。

勉強するという感覚なく、成長できるのはブログの大きなメリットといえるでしょう!

建設業や工事関係のブログを書くメリット・デメリット まとめ

建設業や工事に関係するブログを書く人は非常に少ないのが実情です。

それは個人ブロガーにとっては稼ぎにくい市場であるからです。

しかし、それは逆に市場としては未開拓であることでもあるはずです。

アフィリエイトは絡めにくいですが、SEOで上位表示はさせやすい市場です。

試行錯誤しながら記事を書いてみるとチャンスがあるかもしれませんね。