交通量調査のバイトをしたい!交通量調査のバイトをする方法を教えます

建設業界

交通量調査のバイトをしたい!

そう思う人も多いはずです。

 

交差点付近で椅子に座ってカチカチ、簡単そうですもんね。

 

しかし、ネットで「交通量調査 バイト」と検索しても交通量調査のバイト情報は出てきません。

 

では、どうやったら交通量調査のバイトができるのでしょうか?交通量調査のバイトをする方法を紹介します。

スポンサーリンク

交通量調査のバイトをしたいのに…

交通量調査のバイトをしたい!

しかし、ネットで調べても欲しい情報がでてきません。

 

なぜ交通量調査のバイト情報は出てこないのでしょうか?

まずは、交通量調査のバイトをしたいのに情報がない現状から解説していきます。

ネットで調べても求人情報はない

交通量調査のバイトをしたいと思ったとき、みなさんはインターネットで検索するはずです。

しかし、どうやったら交通量調査のバイトができるのか、欲しい情報はなかなか検索してもヒットしません。

  • 「交通量調査 バイト」
  • 「交通量調査 求人」
  • 「交通量調査 バイト 方法」
  • 「交通庁調査 バイト したい」

このように検索しても、出てくるのは欲しい情報は出てきません。

 

なぜなら、交通量調査はほとんどネットで求人をかけていないのです。

実は交通量調査を行うバイトは、ネットとは離れたところで人が集められていることが多いのが実情です。

 

交通量調査専門の小さな会社やグループがあって、口コミや人脈中心にまわっています。

日雇いバイトでも滅多にない

日雇いバイトのスタッフ登録していると、ときどき求人募集の話があるかもしれません。

 

ただし、その打診も滅多にないでしょう。

ある程度大手の会社に登録していても、仲介手数料が大きく取られるため調査会社は大手の会社には依頼しないのです。

 

ですから、交通調査のバイトをしたいと思って、大手の派遣会社に登録をしても交通量調査の仕事はあまりまわってきません。

 

それでも人不足の場合には交通量調査専属グループだけではまわりませんので、人材派遣の会社に打診することもあります。

スポット仕事なので情報が流通しない

交通量調査はスポットの単発仕事です。

常に需要のある仕事ではありません。

 

そのため、交通量調査を実施する1週間~1か月前くらいに人を集めます。

ネットなどの媒体で急に人材を集めようとしても、集めるのが難しいんですね。

 

交通量調査はバイトしたい人が多い人気の仕事ですので、専属の小さな会社やグループでまわってしまうのです。

 

ネットで交通量調査の求人情報を探そうとしてもなかなか見つかりませんよ。

交通量調査のバイトをする方法

交通調査のバイトをするにはどうしたよいでしょうか?

求人情報が流通しない交通量調査のバイトをする方法をご紹介します。

交通量調査専門のグループに所属する

交通量調査のバイトをしたいなら、専門の小さな会社やグループに属す必要があります。

 

そして、この交通量調査専門のグループは口コミや人脈で流通しています。

なかなか情報が出回らないのでこのグループに属すのは難しいですね。

 

一度交通量調査をして登録するのが一番ですが、その1回目を探すのが難しいかもしれません。

実際には、交通量調査を行っている現場で声をかけたり、日雇いバイトの人脈からたどっていったりして、グループに所属するのが最短です。

 

交通量調査は人気のバイトなので、とにかく情報が少ないですね。

日雇いバイトの会社を経由する

日雇いバイトの派遣登録から、交通量調査を見つけたらレアなチャンスですので希望してみましょう。

なかなか発注は少ないかもしれませんが、派遣会社に人材を打診することもあります。

 

普段から派遣会社に登録しておいて、情報のアンテナをはっていないとなかなか見つからない情報です。

そのときに、調査会社の社員さんや一緒に働くバイト仲間から情報収集してもよいですね。

 

調査会社に問い合わせる

交通量調査の多くは官公庁や建設会社から発注されます。

その委託を請け負うのは交通量調査を得意とする調査会社です。

 

調査会社は自社で直接アルバイトを雇うことはあまりありませんが、直接雇うこともあります。

交通量調査を得意とする会社のホームページなどから問い合わせをしてみたら、情報を得られるかもしれません。

 

また、交通量調査バイトのグループを紹介してもらえるかもしません。

本当に交通調査のバイトをしたいなら、交通量調査を実施している調査会社の情報を調べてみましょう。

交通量調査のバイトはここがいい!

交通量調査のバイトはなぜ人気があるのでしょうか?

交通量調査バイトのおすすめポイントを解説します。

休憩時間も含む日当

交通量調査の多くは拘束時間を含めた日当で支払われます。

1人配置の12時間交通量調査の場合、交代要員としてもう1人手配され、2人で12時間をまわします。

 

2~3時間実測すると2~3時間休憩といったサイクルとなりますので、実労働時間は半分程度とないります。

休憩時間も日当に含まれるので、拘束時間は長いものの割がいいバイトとして交通量調査は人気があるのです。

仕事がとにかく気楽

交通量調査のバイトは気楽な仕事です。

椅子に座って車やバイクの区分・進行方向に合わせてカウンターを押すだけです。

 

渋滞の長さを計測したり、信号サイクルを確認することもありますが、基本難しい作業はありません。

初めてでも簡単にできる仕事なのが交通調査バイト人気の秘密です。

 

1人で見る方向数も限定してもらえますから、混乱する心配もありませんよ。

スポットで働ける

交通量調査はその場で即金で給料がもらえることが多い仕事です。

スポットで働いてすぐにお金になるのは嬉しいですね。

 

ほとんどの人は他の仕事との掛け持ちで交通量調査のバイトをしています。 

常に仕事があるわけではない分、タイミングがあうときに行うといい小遣い稼ぎになるんですね。 

 

交通量調査のバイトしたい!まとめ

交通量調査のバイトしたい!

そう思ってインターネットで検索しても、なかなか実際の交通量調査バイト情報にはたどり着けません。

 

最初の1回目をどう探すかが難しいですが、交通量調査のバイトグループには入れればコンスタントに打診がくるはずです。

交通量調査のバイトをしたいなら、1回目の仕事をするための情報や人脈を集めてみてくださいね。