第2新卒の意味とは?悩みがあっても大丈夫!第2新卒だからこその就職方法4選

営業

「第2新卒」という言葉はよく聞きますが、正しい意味はよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

また、実際に第2新卒で就職に悩んでいる方も多いはずです。

そこで第2新卒の意味と、第2新卒だからこそできる就職方法4選をご紹介します。

スポンサーリンク

第2新卒の意味とは?

第2新卒とはどのような状態を指すのでしょうか?

まずは第2新卒の意味・悩み・就職事情について確認してみましょう。

第2新卒の意味

大学在学中に就職活動を行い企業に入社する。

このように就職する人を「新卒」といいます。

 

それに対し、第2新卒とは明確な定義はありませんが、大学卒業後に下記のような状態である人を指します。

  • 正社員として就職していない
  • フリーターやニートなど正社員経験がない
  • 正社員として就職したがすぐに離職した
  • 働きたいとは思っている求職者

社会経験はまだまだ少ないですが、若いという特権があるのが第2新卒です。

しかし、現実的には第2新卒となると、就職の門戸は少し狭くなります。

 

企業側も新卒の若くて優秀な社員を採用したいと考えるからです。

第2新卒には何かしら問題があるのではないかと、採用の門戸を閉じてしまっている企業もあります。

第2新卒の悩み

第2新卒となって、フリーターやニートなど大学卒業後も正社員としての経験がない・または乏しいなど、自分に自信を持てない若者も少なくありません。

 

色々な事情を抱えて、新卒のタイミングで正社員として就職しないわけですが、日増しに働くハードルは高くなっていってしまいます。

 

採用面接でも大学卒業後の空白期間を指摘され、就職活動がうまくいかない方もいることでしょう。

  • 働きたいけれど就職活動がうまくいかない
  • 正社員として働いたけど、次の職場が不安
  • 社会経験がなく不安で自信が持てない
  • やりたい仕事が見つからない

このような悩みを抱えて、さらに就職活動は難しくなっていきます。

一度社会からのブランクを感じてしまうと、就職しにくくなる悪循環に陥ってしまうのです。

 

第2新卒の就職事情

現実的には大手企業への就職への一気に難しくなります。

新卒採用しか行っていない大手企業も多いのが現実です。

 

一番良い就職のタイミングを逃した事実は認めないと先には進めません。

 

しかし、転職が当たり前の時代となっています。

中小企業でもキャリアを積んでステップアップの転職は、門戸を着々と広げています。

 

大手企業や給料など多くを求めなければ就職はまだまだ有利です。

「若い」は武器であると考えて、就職活動を行えばチャンスは見つかるはずです。

 

第2新卒だからこその就職方法4選

第2新卒だからこそ利用できる就職方法4選をご紹介します。

  • 転職サイト
  • 就職エージェント
  • 第2新卒特化就職サービス
  • 若者正社員チャレンジ事業

若いからこそ、まだチャンスがありますので自分に合った方法を確認してみてくださいね。

転職サイト

第2新卒といえど転職サイトを利用しての就職活動が一般的といえるでしょう。

転職サイトは第2新卒歓迎としている案件も数多くあります。

 

メジャーな転職サイトといえば下記のサイトが挙げられます。

 

転職サイトは山ほどありますが、やはりリクナビNEXTが最もメジャーですね。

まずは転職サイトに登録して、自分い合いそうな企業に応募して面接するという流れです。

 

気になる求人があるかは転職サイトに登録して確認してみてもよいでしょう。

自分で働きたい仕事を探すのもわくわくするんですよね。

 

第二新卒歓迎の案件も非常に多いので、求人情報はよく確認することをおすすめします。

⇧ 求人情報を見てみる

 

ただし、転職サイトはすでに正社員として働いていた人たちがメインで利用しています。

即戦力を求めているような求人には、第2新卒が不利な場合もありえますので、よく確認してから応募するようにしましょう。

 

就職エージェント

就職エージェントを利用すれば好条件の求人を引き出してくれます。

専属のエージェントがつき、マッチングをしてくれる仕組みです。

 

就職エージェントはキャリアアップ転職に使われるものと思われがちですが、大手就職エージェントも第2新卒支援も行っています。

 

これら大手三社は実績も案件も豊富です。

第2新卒でも自信がある方は、就職エージェントからの就職活動を中心にしてもよいでしょう。

第2新卒特化就職サービス

第2新卒に特化した就職サービスもあります。

転職サイトや転職エージェントに比べ、第2新卒・フリーター・ニートなどを専門にしているので安心です。

これらの特化サービスは第2新卒でもOKの求人のみを扱っており、前提条件を踏まえた上で利用できます。

 

カウンセラーやアドバイザーと面談して、希望と条件を合わせてマッチングを進めてくれます。

 

転職サイトなどに比べると求人量は少なくなりますが、就職までサポートしくれる体制があったほうがよい方には向いているといえそうです。

若者正社員チャレンジ事業

若者正社員チャレンジ事業は東京都の就労支援事業で、第2新卒と中小企業をマッチングさせるプロジェクトです。

 

インターンとして1か月間働いてみて、就職を決めることができます。

 

会社の雰囲気や実労働経験を踏まえての入社なので、ミスマッチを最小限にして就職を決められることはうれしいポイントですね。

 

しかもインターン期間中の労働分は最大10万円支給されます。

中小企業限定ではありますが、東京都のお墨付き事業なので安心です。

 

⇩詳しくまとめましたのでこちらも合わせてご覧ください。

若者正社員チャレンジ事業とは?実習生と企業から見るメリット・デメリット

 

⇩公式サイトはこちら

 

まとめ 第2新卒だからこその就職方法がある!

第2新卒は就職が厳しいと思われがちですが、就職するチャンスはたくさんあります。

若いことはメリットで、しっかり育成しようと考える企業は積極的に第2新卒の採用を行っています。

 

  • 転職サイト
  • 就職エージェント
  • 第2新卒特化就職サービス
  • 若者正社員チャレンジ事業

このように就職するための手段はあります。

 

積極的に行ってもよいですし、エージェントやカウンセラーにサポートしてもらうのもよいですね。

自分に合った就職活動をしていきましょう。