アタックリストとは?営業効率を高めるアタックリストの作り方を解説

営業

「アタックリスト」という言葉をご存じでしょうか?

上司から「○○業界のアタックリスト作っといてくれ」と指示されて、キョトンとしてしまった方も少なくないはずです。

今回はアタックリストの意味と営業を効率化するアタックリストの作り方について解説します。

スポンサーリンク

アタックリストとは?

アタックリストとはどのような意味でしょうか?

まずはアタックリストの意味・同義語・重要性について解説します。

アタックリストの意味

アタックリスト(Attack List)とは(攻めるための)営業リストです。

ほとんどの場合、新規営業用リストのことを指します。

アタック(Attack)は直訳すると攻撃する・襲撃する・攻めるというような意味を持ちますが、攻めるの意味を抜き出した日本語の造語のようですね。

英語で営業リストは「cliant list」「customer list」というのが一般的です。

アタックリストの同義語

アタックリストの同義語もたくさんあるので覚えておきましょう。

アタックリストの同義語
  • 営業リスト
  • 新規営業リスト
  • 架電リスト
  • 電話営業リスト
  • テレアポリスト
  • ターゲットリスト

アタックリストは新規営業に使うリストです。

顧客リストや案件リストは若干ニュアンスが異なります。

ひたすら新規営業の電話をしやすくするようなリストが求められます。

アタックリストの重要性

どれだけ効率的な営業アタックリストを作れるかで、有効なアポイント獲得までの時間が大きく変わります。

何も考えずに上から順に電話営業をしていけば1時間に30本電話ができるところを、アタックリストが整理していなければ1時間に10本しか電話できないかもしれません。

 

電話の絶対数が多いほど、アポイントの成功本数は増えます。

まったく見当違いの業種の会社であったり、電話番号や会社情報をいちいち調べながら電話しているようでは時間がかかってしまいます。

 

アタックリストの精度は時間効率と成功確率に大きな差をつけるのです。

営業効率を高めるアタックリストの作り方

営業効率を高めるアタックリストはどのように作ればよいでしょうしょうか。

アタックリストに欲しい必要事項と合わせて確認していきましょう。

アタックリストの必要事項を知る

アタックリストにほしい必要事項を押さえておきましょう。

アタックリストの必要事項
  • 会社名
  • 住所
  • 電話番号(セクション含む)
  • メールアドレス
  • 自社の営業担当
  • 顧客業務内容
  • 顧客規模・従業員数
  • 電話営業結果

アタックリストはある程度の情報を見ながらひたすら電話できて、結果をメモできるリストにしましょう。

 

そのために必要なのはリストの精度です。

電話番号は大代表だったり・狙っているセクション直通だったりしますが、電話番号の精度が高いほど効率的に営業をかけられます。

 

業種や規模で選別してリスト化する

アタックリストの基本はターゲットを絞り込んだリストにすることです。

例えば、建設ゼネコンに営業をかけるとしても会社規模やエリアなどの条件がバラバラでは効率的なテレアポは取れません。

 

リストは条件を絞り込んで作成しましょう。

売上高や従業員人数などの情報でランキング形式にフィルタがかけられると規模感がわかりやすいですね。

エクセルでわかりやすく共有する

アタックリストは全営業マンで共有しながら使えるリストにしたいですね。

営業担当や業務内容でフィルタをかけられるようにして、全営業社員で一元管理しましょう。

 

業種ごとにシートを分けてもよいです。

アタックリストで大事なことは全営業で共有できるようなファイルにすることです。

 

A社員がコンタクトを取っている会社に、違うB社員が電話営業をしてしまうような失態は会社の信用を損ないかねません。

情報共有しながらテレアポができるようなアタックリストを作成しましょう。

最新情報かつ蓄積した情報を残す

アタックリストは常に最新の情報にしておきたいところです。

会社が移転したら移転先の情報に更新したり、営業電話NGの会社は明確にしたりしておきます。

 

アタックリストは情報が蓄積されていきますので、長く使えば使うほど価値も生まれてきます。

最新の情報があれば更新し、電話営業した結果は残しておきます。

 

情報量が多い会社ほど効率的な営業活動をすることができるはずです。

おすすめアタックリスト作成サービス(無料あり)

アタックリストの作成は事務社員などに頼んで作成させることが多いと思いますが、営業支援ツールを利用しても効率的です。

 

アタックリスト作成に時間をかけすぎるのも時間がもったいないですし、最新情報に更新し続けることも困難です。

おすすめのアタックリスト作成サービスを3つ紹介しますので、必要に応じて検討してみましょう。

SalesNow(セールスナウ)

>>SalesNow Targeting

SalesNow(セールスナウ)は全国の法人約500万社分の企業データを、一瞬でリスト化できるリストサービスです。

その検索パターンは100万通り以上。

 

絞込検索で精度の高いアタックリストを作成できます。

AIにより自動でメール営業するシステムも組むことができる営業支援ツールです。

 

Musubu(ムスブ)

>>Musubu(ムスブ)

Musubu(ムスブ)は140万社以上の企業データベースから、アタックリストを簡単に作れるサービスです。

 

クラウド型のアタックリスト作成サービスですが、動きが早く見やすいUIも特徴的です。

絞込検索も100通り以上で、特に業種検索は痒いところまで手が届く細か検索ができます。

 

無料トライアルで30件まで企業データを取得できるので試してみましょう。

BIZMAPS(ビズマップ)

>>BIZMAPS(ビズマップ)

BIZMAPS(ビズマップ)はインストール不要の企業データベースです。

160万社以上の企業データをホームページ上で確認できます。

 

BIZMAPS最大の特徴は毎月100件までの企業データが無料で取得できることです。

どんなに優秀なツールでも会社の稟議が通らなければ利用できませんからね。

 

毎月100件無料はかなり使えますので試してみましょう。

アタックリストとは?営業効率を高めるアタックリストの作り方を解説まとめ

アタックリストは一言でいうと営業リストですが、新規営業の中でもテレアポやメール営業で使うことが多いリストです。

アタックリストの必要事項
  • 会社名
  • 住所
  • 電話番号(セクション含む)
  • メールアドレス
  • 自社の営業担当
  • 顧客業務内容
  • 顧客規模・従業員数
  • 電話営業結果

業種や規模などをフィルタ検索できるように作成することで、営業効率が大きく高まります。

最新情報に更新・共有しながら、攻撃的(アタック)な営業に活かしていきましょう。