会社の飲み会に行きたくない!コロナを機会に上手な断り方を考よう

営業

会社の飲み会に行きたくない」人が増えています。

会社の飲み会は行きたい人だけがいけばよいという風潮も出てきています。

 

しかし、なかなかうまく断れないという方も少なくないですよね。

このコロナ時代の飲み会自粛を機会に上手な断り方を考えてみましょう。

スポンサーリンク

会社の飲み会に行きたくない理由

会社の飲み会に行きたくない人が増えているのはどういう事情からでしょう?

まずは会社の飲み会に行きたくない理由から考えてみます。

 

理由は1つだけではなく、複合することでさらに行きたくない気持ちが膨らむかもしれません。

上司の自慢や説教を聞きたくない

会社の飲み会に行きたくない理由の代表格といえば、上司の自慢や説教を聞きたくないことですよね。

 

仕事が終わってまで上司の自慢話や説教など誰も聞きたくないのです。

 

付き合いで行かなければいけないのも苦痛なのですが、上司からの誘いをなかなか断れずに行ってしまい後悔してします。

 

仕事の話をすること自体、仕事が終わった後にしたくないのです。

同期で会社の不満を言い合うのが不毛

同期だけの飲み会で楽しめればよいのですが、会社の不満を言い合うような飲み会となることも多いはずです。

 

同期の飲み会も不満をまた言い合うのかと思うと不毛だと感じてきてしまうでしょう。

 

けれど、断るとノリが悪いといわれてしまうジレンマ。

そして、飲み会に行くと後悔するという流れになってしまいます。

 

これらが同期とも飲みに行きたくない理由になることがあります。

時間の無駄

自分のプライベートでやりたいことがあると、会社の飲み会に行くことが時間の無駄に感じてくるかもしれません。

 

自分が飲みに行っている間に頑張っている人がいる」と思うと、会社の飲み会に行きたくないと感じてくるでしょう。

 

また、会社の飲み会に行くと終電まで付き合って(下手すると終電を超えてまで)飲むこともあるはずです。

 

飲みに行った1日が費やされるだけならまだしも、翌日も2日酔いで1日つぶれてしまうことに時間の無駄を感じます。

 

時間の無駄は会社の飲み会に行きたくない理由の1つです。

お金の無駄

会社の飲み会に行くと3,000~5,000円くらいは平気で使ってしまいますよね。

 

このコストは意外と大きなコストで、毎週行くようであればお金の無駄を感じるかもしれません。

 

ランチ代や普段の生活費を節約してみると、この会社の飲み会代の大きさに気づくでしょう。

 

短い時間であっという間にお金を使ってしまうのが会社の飲み会です。

コロナを機会にした会社の飲み会の上手な断り方

会社に行きたくないと思っていながら飲み会に参加してきた人は、コロナを機会に飲み会を断り方を考えてみるとよいかもしれません。

 

会社の飲み会の上手な断り方を考えてみましょう。

早朝出勤や在宅勤務を定着させる

新型コロナウィルスの蔓延を機会に在宅勤務を始めた人も多いでしょう。

この新しい働き方の流れを、そのまま定着させることで飲み会を断ることができるはずです。

 

特に出勤時間をズラす早朝出勤の習慣にした人は、早く帰社する流れができているはずです。

 

行きたくない会社の飲み会に誘われる前に帰ってしまうことが一番の断り方です。

誘う側も早朝出勤で生活習慣を作っている人を、無理に飲みに誘おうともしなくなってくるでしょう。

 

早朝出勤や在宅勤務の習慣は、働き方が落ち着いた後も定着させるのはいいかもしれませんね。

 

 

コロナ理由でフェードアウト

コロナ理由でほとんどの会社で飲み会自粛となっていることでしょう。

 

この流れを利用すれば、コロナが落ち着いて飲み会を誘われても上手く断ることはできるはずです。

 

前提として、コロナ渦で飲み会に誘ってくる人とはリスクヘッジができてない人です。

 

コロナ理由で遠慮しておく流れを繰り返していくうちに、飲み会には参加しないキャラクターを作ってしまいましょう。

 

コロナ理由はコロナが落ち着いた先でも当分使えるはずです。

上手く使ってフェードアウトするのも手段の1つです。

飲みたい人とはオンライン飲み会

本当に飲みたいメンバーとはオンライン飲み会をするというのもよいかもしれません。

Zoomなどを利用すれば、複数で集まってオンライン飲み会をすることも可能です。

 

会社で一緒に飲みたくない人から誘われても、「今度オンラインで飲み会しましょう」としておけば、うまく社交辞令でやり過ごすこともできます。

また、実際にオンライン飲み会をしたとしても、自宅ですので適当に切り上げることも可能です。

 

オフラインで実際の飲み会に参加しない流れを作ることが、上手な断り方といえるのではないでしょうか。

まとめ 会社の飲み会に行きたくないならコロナ理由を使おう

会社の飲み会に行きたくないけど行かざるを得ない状況は、新型コロナウィルスを機会になくなりました。

 

会社の飲み会が行われない理由も、断ることができる流れもできたわけです。

 

本当に会社の飲み会に行きたくないと思うのであれば、コロナ理由を使わない手はありません。

 

早朝出勤や在宅勤務という新しい働き方もうまく活用していけるとよいですね。

 

お酒は飲みたくない人と飲むのではなく、飲みたい人とだけ飲む流れに変えていきましょう。