Webライターの経験はブログに活きる!Webライターを経験してみよう

副業

Webライターとブログ。

インターネットだけででできる副業としてどちらも人気ですよね。

ここでWebライターを経験してからブログに移行することをおすすめします

Webライターの経験はブログに活きるからです。

Webライターの経験がどうブログに活きるのか?

その理由を解説します。

スポンサーリンク

Webライターの経験はブログに活きる!

Webライターの経験はブログに活きます。

そのためブログ初心者や未経験者にはWebライターを経験することをおすすめします。

Webライターを経験するとどうブログに活きるのか解説していきます。

ライティングスキルがつく

Webライターをするとライティングスキルが身につきます。

  • ライティングスピードが早くなる
  • 難しいことを分かりやすく書けるようになる
  • 正しい言葉の使い方を覚えられる

こういったスキルを身につけるのにWebライターの経験は最適です。

関連記事>>ライティングスキルを向上させるコツとは?書くこと以外に何があるの?

 

Webライターの仕事はタイトルや構成などが決められており、それに沿ってライティングを進めていきます。

絶対量をこなすことや、第三者のチェック修正を繰り返すことでライティングスキルが磨かれていくはずです。

ブログノウハウがつかめる

Webライターを経験するとブログに必要なノウハウがつかめます。

想定読者のイメージ・問題点や疑問・キーワードや構成。

これらを考えたライティングを指示されることが多いでしょう。

SEOにおいて重要なことばかりです。

 

ブログを書くうえで必要なポイントになりますので、Webライターの経験がブログに活きてきます。

ブログ初心者は文章を書く上で重要な構成を理解することができるはずです。

自由に書ける楽しさを感じられる

Webライターはタイトルや見出しなどアウトラインに沿ってライティングをしていきます。

これはこれで楽しさはあるのですが、自由に文章を書けないもどかしさを感じるはずです。

 

もっと違うキーワードの記事を書きたい!

主観ベースで記事を書きたい!と自由に文章を書きたい欲求がWebライティングを経験すると感じられるでしょう。

 

Webライターをすることで自分のブログを立ち上げたくなって、ブログを始める人も少なくありません。

ブログ初心者はWebライターを経験してみよう

ブログ初心者や未経験者はWebライターを経験してみることをおすすめします。

簡単に経験できますのでご紹介しますね。

クラウドソーシングで簡単に経験できる

Webライターは簡単に経験できます。

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングでは、Webライターの仕事が随時募集されています。

自分の書きやすいジャンルと文字単価をチェックして応募してみましょう。

文字単価は0.5円程度~のものを選ぶことをおすすめします。

 

文字単価の安い悪質なクライアントも潜んでいることがありますので、文字単価には注意が必要です。

 

クラウドワークスでWebライターを経験してみた記事もご覧ください。

>>クラウドワークスのライティングってどう?初心者OK案件をやってみた

内容に関するチェックポイントを学べる

Webライターの仕事は内容に関する厳しいチェックを受けます。

 

まず、参考サイトから文章をコピペしていないか?

コピーチェックは解消されるまでしっかり行われます。

 

ベースとなる情報収集のため複数サイト確認すると思いますが、コピーにならない程度にうまく盗む力が養われます。

 

また、内容がタイトルや見出しに則していないと修正を求められます。

第三者チェックを受けることで、正しくオリジナルな文章を書くことができるようになるのです。

 

このチェックにより内容に関するチェックポイントを学べますよ。

誤字脱字・漢字のひらき・表記ゆれを学べる

Webライターでは誤字脱字・漢字のひらき・表記ゆれなどのチェックが厳しく入ります。

Webライティングの基礎なのですが、これはWebライターを経験しないとなかなか知り得ない情報です。

 

漢字のひらきとは、漢字をあえてひらがなにして表記することです。

漢字ばかりだと読みにくい文章になってしまいがちですからね。

・ありがとうございます 有難うございます

・よろしくお願いします 宜しくお願いします

このように、あえてひらがなを使うことで文章を読みやすくするルールです。

 

表記ゆれとは文章の中で異なった記載をしていないかチェックすることです。

文章の中で「マネージャー」「マネジャー」「メモリー」「メモリ」など混在していると読みにくいですよね。

 

こういった文章を書く基礎も自然と身につくのがWebライターです。

Webライターに慣れたらブログに移行しよう

Webライターに慣れたら、ブログに完全移行することをおすすめします。

ブログに全振りすべき理由をご紹介しますね。

ブログは不労所得になる

ブログは書いた記事が蓄積されます。

アフィリエイトやGoogleアドセンスなど、読者からのアクションにより収益を発生させることができます。

 

過去に書いた記事から収益が発生するのは不労所得といえる部分がありますね。

記事の積み上げが資産化されていくのブログの魅力の一つです。

 

当然、ブログは書き続けないと読まれませんし、収益化するまでは時間もかかります。

サーバー代やドメイン代などの出費も発生しますので、稼げないと損をすることもありえます。

 

それでも、ブログの不労所得は魅力なのです。

ブログはストックビジネス・Webライターはフロービジネスです。

関連記事>>ストックビジネスとフロービジネスとは?副業はストックビジネスを選ぼう

 

Webライターは時間の切り売り

Webライターの仕事はライティングスキルは身につきますが、どうしても時間の切り売りとなることは否めません。

 

いくら書いてもその記事はクライアントのものになり、自分のものにはなりません。

文字単価1.0円としても、時給換算するとアルバイトの最低賃金よりも安いということになる可能性も高いといえます。

 

文字単価1.0円であれば、3,000文字の記事を3時間で書ければ時給1,000円となります。

しかし、チェック修正や情報収集にかかる時間、そして書きやすい記事の選別などの時間をふまえるとなかなか効率がよいとはいえないでしょう。

 

Webライターは資産化できない以上、時間の切り売りとなってしまうことがブログへ移行すべき理由の1つです。

Webライターは書きたい記事が書けない

Webライターはやればやるほど、書きたい記事が書けないジレンマに陥ってくることがあります。

記事のアウトラインやキーワードは決められており、書きたい記事があっても他の人が予約していれば書けないからです。

 

常に書きたい記事がある状態はなかなかないので、書きにくい記事を選択して記事予約することもあるでしょう。

 

確かにWebライターは稼ぐことに特化して考えれば、ブログよりも即効性があり確実です。

 

しかし、自分の興味のない書きにくい記事を書くことは、続けるモチベ―ションが下がる理由にもなりえます。

これも書きたい記事を書けるブログをおすすめする理由の1つです。

 

Webライターの経験はブログに活きる!まとめ

Webライターの経験はブログに活きますので、一度経験することをおすすめします。

正しいライティングスキルを身に付けてからでも遅くはありません。

 

特にクラウドワークスランサーズは気軽に始められます。

ブログ初心者や未経験者は、一度Webライターを経験してみるのも悪くないですよ。