サラリーマンの人生はつまらない?視点を変えて人生を楽しむ方法

営業

サラリーマン人生ってつまらないな

多くの時間を費やす仕事に嫌気がさして、このままでよいのか悩む日もあるかもしれません。

 

日本人労働者の85%以上を占めるサラリーマン。

一度きりの人生、このままでよいのでしょうか?

 

視点を変えて人生を楽しむ方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

サラリーマン人生がつまらない理由

サラリーマン人生がつまらないと感じる理由は人によって様々です。

まずは、その理由を考えてみましょう。

 

サラリーマン人生がつまらない理由
  • 仕事にやりがいを感じない
  • 給料や役職が頭打ち
  • 自由な時間が少ない

 

これらが多くのサラリーマンが感じるつまらないと感じる理由ではないでしょうか?

詳しく確認してみましょう。

仕事にやりがいを感じない

毎日毎日、同じような毎日。

仕事にやりがいを感じながら働けているサラリーマンはどれほどいるでしょう?

 

サラリーマン人生がつまらないと感じるのは、毎日にやりがいを感じないからといえるでしょう。

 

  • 楽しくない
  • 成長しない
  • 刺激がない
  • 同じことの繰り返し
  • 誰かのためになっている実感がない

 

こんな感情はサラリーマンとしての仕事に、やりがいを感じていないこととリンクしています。

 

やりがいを感じられないことが、サラリーマン人生をつまらなくさせているのです。

給料や役職は頭打ち

給料や役職について、行きつく未来の限界が見えてくるとつまらないと感じるかもしれません。

サラリーマンは縦割り社会です。

 

役職が上がるにつれ責任は増しますが、その人数も限られています。

入社したときは給料がたくさんほしい、偉くなってやると意気込んでいた社員も、自分の行きつく未来の限界が見えてきてしまいます。

 

人生は一度きりなのに、どんなに頑張っても課長が限界で給料は○○万円位

 

自分の人生の限界が見えてくるサラリーマンは、つまらないと感じてきてしまうでしょう。

>>給料交渉ってしていいの?やってはいけない給料交渉と上手な給料交渉とは?

 

自由な時間が少ない

サラリーマンは会社から雇用されているという関係上、会社のルールに縛られます。

勤務時間というのは決まっていて、最低限決まった時間の枠の中で労働することが求められます。

 

そのため、拘束される時間が毎日発生するわけで、平日に自由な時間を確保することはなかなか難しくなってきます。

 

フリーランスや起業者は自分の好きなように時間を使うことができると思うと羨ましく思うかもしれません。

 

この長い拘束時間にサラリーマンでは人生がつまらないと考えてしまう部分があるのでしょう。

 

朝活すればサラリーマンでも時間は生み出せます

>>朝活のメリットと効果とは?自ら継続することでわかったメリット6つ

 

視点を変えてサラリーマン人生を楽しむ方法

サラリーマンでは人生がつまらないと考えると、悪いことばかりに目がいきます。

少し視点を変えてみましょう。

人生を楽しむ方法はサラリーマンの中にも外にもあるはずです。

本気で仕事に打ち込んでみる

サラリーマンの仕事がつまらないと思う原因に仕事のやりがいがあげられます。

このやりがいは、本気で仕事に取り組んだ先にしか見つからないかもしれません。

 

営業の仕事を例に考えてみましょう。

BtoB営業は販売する商品にもよりますが、売る商品自体に社会的意義を感じにくいものもあるでしょう。

そこにやりがいが感じられないかもしれません。

 

しかし、本気で打ち込むと顧客との人間関係や、営業戦略を考えることに面白さを感じられるはずです。

 

仕事のやりがいは本気で取り組んだ先にしか見えないものです。

もし、本気で働いている実感がないのであれば、一生懸命頑張ってみるのも1つの手段です。

思い切って割り切る

仕事は仕事。

プライベートを充実させようと思い切って割り切ることも手段の1つです。

 

家族との時間や趣味の時間に幸せがあるのなら、仕事は割り切って早く帰ることに全力を尽くすのです。

>>定時ダッシュのコツ7選!

 

プライベートが充実していると自ずと仕事が充実してくるということもあり得ます。

サラリーマンがつまらなくても、人生が楽しければよいのです

副業を始める

サラリーマンの給料だけでは手に入るお金には限界があります。

副業を始めることで世帯年収を増やせれば、もっと経済的な自由が手に入ります。

 

給料や役職が頭打ちなことに、サラリーマン人生がつまらない原因の一端があります。

別の収入源を作ることができれば、可能性はどんどん広がります。

 

本業のサラリーマンとも相乗効果が期待できる副業であれば、仕事も楽しくなってくるかもしれませんね。

 

思い切って転職

仕事内容がどうしても自分に合わない。

そんなときには転職も手段の1つです。

 

終身雇用制度はいまや崩壊しつつあります。

誰にでもできる仕事はAIに成り代わり、つまらない仕事は次々となくなっていっています。

 

ヒトにしかできない仕事、自分にしかできない仕事を探して転職するのも選択肢の1つです。

サラリーマンの人生をつまらないものにしている仕事なら、変えてしまえばいいのです。

サラリーマンだからこそチャレンジする

サラリーマンは実はかなり守られた環境にあります。

起業してフリーランスでいることは、資本である自分に何かあったときには収入源を失います。

 

また、生活がかかっているため意外にもチャレンジしにくい部分があるのです。

 

しかし、サラリーマンは副業や起業を仕事と並行しながら行っても、一定の給料は保証されています。

 

サラリーマンだからこそチャレンジして失敗してもよいのです

こう考えると新しいことにチャレンジできますよね。

 

新しいことにチャレンジしているサラリーマンが、つまらない人生なわけはないはずです。

まとめ サラリーマンの人生も楽しむ方法がある

サラリーマンの人生につまらないと感じても、視点を変えてみると楽しめる方法が見つかってきます。

  

  • 本気で仕事に取り組んでみる
  • 思い切って割り切る
  • 副業を始める
  • 思い切って転職
  • サラリーマンだからこそチャレンジする

 

サラリーマンが嫌だからフリーランスになるというのは、下準備がなければ失敗する可能性も高まります。

 

サラリーマンとしての人生の楽しみ方を考えて、サラリーマンとしての強みを活かしてチャレンジしてみることから始めてみるとよいかもしれません。